FC2ブログ

#88 新米感覚

モトクロス・エンデューロのBlogに見えない?でしょうね。

2020.02.23 WEXウエストR2 サザンハリケーン プラザ阪下 50min

いつもなら90minのフィニッシャーズロードで、走り終えたライダーを迎えるところだが、90minを走っていたので残念ながらソレはできない。


チェッカーを受けパドックに戻ったら、すぐに着替えなければならない。

他のダブルエントリーの人とは違うので。




90minより短くなり、丸太も使わない 40 50minが始まった。






20200223WEX阪下 (4)


今回のマシンはK90。

毎年、プラザ阪下ではビジネスバイククラスを(独自で)開催している。


オレのK90以外にも、





20200223WEX阪下 (6)


Bw's(偽)や コレダスポーツ90





20200223WEX阪下 (5)

ピカピカのクロスカブや 半世紀前のマシン CS90。


この5台がビジネスバイククラスを戦う。



クラスは違うが、





20200223WEX阪下 (7)

デカいのや、メイドも走っている。

40 50minはカオスだ。




20200223WEX阪下 (8)


スタートで先に出たクロスカブを1周目で抜き、3周まではビジネスバイククラスのトップを走るが、CS90にパスされ、そのまま少しづつ引き離されていく。


ビジネスバイククラスのバイクとのバトルはあまりなく、ほとんどレーラークラスとバトルをしていた。


そして、



49578170622_9e149ba79d_5k_convert_20200301224320.jpg


CS90がビジネスバイククラス1位でチェッカー。

ビジネスバイククラス優勝オメデトウ!

公式にそんなクラスはないがオメデトウ!




2分以上遅れてオレもチェッカーを受ける。





20200223WEX阪下 (13)

久保まな選手とハイタッチ。



ラスト1周で少しでも総合上位を!と思ってムリしたら転倒したコトもあり、クロスカブとの差は30秒もなかった。

あっぶね~


終盤、リアタイヤの接地感がグニグニだったので、終わって見てみると、



IMG_1908_convert_20200301230922.jpg

チューブがリムにバルブだけのこして裂けていた。

マディあったから空気圧低めにしてたのに、ビードストッパー入れてなかったら当然か~



スポンサーサイト



  1. 2020/03/01(日) 23:13:04|
  2. レース
  3. | コメント:2

2020.02.23 WEXウエストR2 サザンハリケーン プラザ阪下 90min

2020年、初めてのレースは2019年と同じくWEXウエストR2。

会場は河内長野駅から歩いて行けるオフロードコース、プラザ阪下。

街にこれほど近いオフロードコースは他に無い。

故に20年ほどマエだっただろうか、閉鎖の危機にあったが今でもこうして営業してくれている。

ソレを考えれば、駐車場代の1000円なんて安いもんさ。



WEXの前夜は、いつものように現地前泊。



20200223WEX阪下 (10)


チョイノリといえばのオレンジ色のタープの中は、この時期でも対流型ストーブで暖かい。



前夜の様子は、チョイノリクラブジャパンから今回も参戦の まつきち画伯のBlogをどうぞ。


前夜の酒宴もレースの楽しみの一つだよね。







プラザ阪下といえば、





20200223WEX阪下 (11)


丸太。

コレは90minでも使われる。



120minになると、さらに





20200223WEX阪下 (12)


こんな状態の丸太も使われる。

垂直に進入するのが基本な丸太なのに、コレでは斜めに進入せざるを得ないコトにもなるだろう。

ま、120minのは出ないオレにはカンケーない。(が、上級者お断りを謳っているWEXのセクションが、どんどん難易度上げていこうという感じなのはヤメてほしい。)







90minの朝は早く、二日酔いにはキツい。。。


ま、二日酔いじゃないから大丈夫だけどさ。




今回も まつきち画伯が



20200223WEX阪下 (1)


セロー225で



20200223WEX阪下 (9)


走る(すべる) みごとに(ころぶ)!


同じくセロー225との激しい2位争いの末、見事クラス2位を勝ち取る。(エントリー3台中)







今回はオレも90minにエントリー。



20200223WEX阪下 (2)


マシンは、まだ1回しか乗っていない慣れない小さなマシン RM85L。

ホイールも小さいし、エンジンもピーキーなので、まだオレには丸太は難しい。

最初の2周は、遠回りのエスケープを使ったので順位を稼げない。


前日の雨で一部マディだったが、渋滞はほぼ上手くスリ抜けできたので順位を落とすコトはない。


回せばパワーのあるエンジンだが、上りなどでは半クラッチ多様しなきゃいけない。

楽しいけど、なかなかしんどいマシンだ。



総合1位になった jon it のマシンにウシロ向きカメラが付いているのを知っていて、ラップされたとき、ほんの100m~200mぐらいだが食らいついていったので、動画が楽しみだ。




そんなこんなで





20200223WEX阪下 (3)


コケるコトもなく、クラス23位でフィニッシュ。

ビミョーだ。。。


やっぱり前列スタートで、丸太も超えていかないと入賞は狙えないね。


次からはXR250Rで出たほうが良さそうだ。








画伯のチョンマゲカメラに




20200223WEX阪下 (14)


女性ライダーを引っ掛けてコカしたトコロを撮られてしまった。


ぃゃ、ちゃうねん!

右から抜こうとしたらフラフラ~と右に寄ってきて、むしろオレがコース外に弾き出されることろやってんて!


でもゴメンね。






40minにつづく


  1. 2020/02/26(水) 00:31:59|
  2. レース
  3. | コメント:3

2019.5.5 超ごきげんモトクロス15 ウッズ下市

今年のGWは、自宅でヤること盛りだくさんなので、恒例の剣山作戦は見送った。
しかし、全くバイクに乗らないのではストレスが溜まってしまう。
というコトで、ランバージャックスからも何人か参加する、奈良にあるウッズ下市で行われている「超ごきげんモトクロス」に行くコトにした。

超ごきモト15 (3)

4日、スーパーカーに積み込み奈良まで6時間のドライブ。
案外混んでなくスムーズに行けた。

下市に着いたら、

超ごきモト15 (4)

下市温泉 ごんたの湯でハタヒラ家と合流。

6時間ドライブの疲れを、、、

疲れとらんわ!


サッパリしたらハタヒラさんの別荘(?)で宴が始まる。
ハタヒラさんは、いつものとおり飲み過ぎて早めに潰れるが、明日のごきモトには出ないので安心だ。


5日

超ごきモト15 (5)


久しぶりのモトクロスコース。
マシンも未だ乗り慣れないRMZ250。
午前のフリー走行つ1本目では、なかなか調子がつかめず体力ばかり消耗する。
2本目で少し感覚を取り戻してきて、亮ちゃんや沼ちゃんが跳べないジャンプも跳べるようになる。
3本目の1周目、そのジャンプの手前で沼ちゃんを抜き
「ココはこう跳ぶんや!見とけ!」
とばかりに跳んだら、着地で失敗。
大ゴケし肩を傷め、ハンドルも曲がってしまう。
乗ってると脳内麻薬のおかげか割と平気なので、ハンドル曲がったままフリー走行を走り切る。

ごきモトは、フリー走行のベストラップで午後のレースのクラスが決まる。
同じレベルでのクラス分けがちゃんとできている。
ただし沼ちゃんのように、三味線を弾いていなければ。。。

1分51秒台で走ったオレはBクラスの2番手タイム。
亮ちゃんも1分54秒台でBクラス。
2分7秒台の沼ちゃんはCクラス。
ハンドルは完全には直らなかったが、気にならない程度には戻せた。

59301412_10217786066500055_3382889067518623744_n.jpg

肩は「つつじ整骨院」でテーピングしてもらい、負担軽減。

午後のレース。
オレと亮ちゃんの走るBクラスのマエに、既にランバージャクスの仲間はみんな表彰台を決めている。
なんとしても表彰台に上りたいところだ。
ごきモトでは珍しく、スタートバーを使ってクラッチスタート。
バーが下がるのを見てクラッチを離しスタート!
と思ったら、スタートバーがタイヤに引っかかり落ちてない。
単独最後尾スタートになってしまう。

スタートがうまくいかないのは多度でモトクロスしていた頃からのコト。
むしろ昔の感覚を取り戻したと言っていいんじゃないかな?w

最後尾からのスタートなのでライバルは全員マエにいる。(スタートでまくれてコケた子を除く)
1周目の団子状態を上手く利用し、一気に半分ぐらいを抜く。

超ごきモト15 (2)


その後も1台、また1台と抜いていくが、さっきコケたジャンプは跳びきらない。

超ごきモト15 (1)

何周目かで思い切って跳んでみると、知ってはいたが跳ばないよりも楽だし楽しいし速い。
何台も抜き、だんだん調子を取り戻してくる。
今が何位なのかわからないが、亮ちゃんとその後を追う1台に追いつく。
その1台をパスし、亮ちゃんをつつくもラスト1周しか残されていない。
結局、亮ちゃんから遅れること2秒弱。
最終ラップにクラス全体のベストラップを出すも届かなかった。

超ごきモト15 (6)


結果、亮ちゃんは3位。


ランバージャックスの戦績は
キッズクラス3位(ハル)
トレールクラス2位(ノブ)
Cクラス1位(沼)
Bクラス3位(亮)
Bクラス4位(オレ)
という結果。

オレ以外みんな表彰台に乗ることになった。


スタートのせいで表彰台には届かなかったが、たぶん全クラスで一番たくさん抜いたのがオレなんじゃないかと思う。
単独トップを走るより、前を走るバイクを追いかけ、抜いて、また次のバイクを追いかけるほうがレースは楽しい。

勝てなくても、痛くても、超ごきげんなモトクロスでした。

みなさん、お楽しみでした!
  1. 2019/05/07(火) 15:35:34|
  2. レース
  3. | コメント:4

2018.8.12 WEXウエストR5 ドリーミンほうのき  40min


世間はお盆だとかで、みんな好き好んで渋滞に突っ込んでいく中、高山のスキー場で久しぶりのWEXウエストが開催されたので行ってきたよ。






ヤマハがYZ85に排気デバイス付けたんだってさ。

今まで無くても戦えてたのも凄いし、なんなら2スト無くなっていくんじゃないかと言われがちな今頃になって改良してくるって、ヤマハ凄いな。












毎年苦い思いをしているココ、ほおのき平スキー場。

だけど今年は大丈夫!

マシンがストリートマジックⅡだからね。



CCJからは はちまる大将(結果にコミット)も参戦。

タイヤがイケてないので、現地で交換。


埼玉から大ちゃんも応援に来てくれた。ヒマなん?w




















前後新品タイヤになったからには結果にコミットしてもらわないとね。


夜はランバージャックスのハタヒラさんも迎え宴が開かれる。

ヒッポリト星人とかヘルシングの話にはならなかったのが幸いだw




レース当日。





ランバージャックス社長の家族も応援に来てくれた。(社長は不在)

KSK家も来てくれたが、見にくるんじゃなくてエントリーしなよ。




ハタヒラさんをはじめ、友人が数人出ているので90minの応援。


いつものコトだが90Cがやたら多い。

ちゃんとしたクラス分け、昇格を検討してもらいたい。



90minには







こんな上り坂がある。

上級者お断りのWEXの90minにあっていいのか?

この坂を上れずに時間を半分使ってしまった人もいて、2周以下しか走れていない人が10人もいるのはコース難易度が高いとしか言いようがない。

入賞した人が「気持ちよく走れました。」って言ってるのはアタリマエ。

1~3周しかできなかった人が「気持ちよく走れた。楽しかったからまた出たい!」ってなるか?

そーゆートコロ、もう少し考えて欲しいなぁ。

難易度低くして初心者・初級者が楽しく走れる程度のコースじゃ物足りないなら、WEXじゃなくてJNCCいけばいいんだよ。


そんなこんなで90minフィニッシュ。




ハタヒラさん、しめじさんをはじめ、友人たちも入賞しないまでも完走できた。








続いて40min。





はちまる大将はレーサークラスなので最前列スタート。







我々おふざけ、、、ふざけてなんかいない!

仕事でやってんじゃないんだ、真剣にやってるよ。

坂、上れるんだろうか?









快調にクラストップを走る。

とは言うても、ビリから数えたほうが断然早い。

なんせダブルエントリーのクラスまであって、こんな原付でも走れるようなコースじゃ物足りないであろう速い人達がフツーに速いマシンで出てるからね。

40minは初心者・初級者の入門クラスなんだから、あまり速いのと混走にしちゃいけないよ。

せめてオレみたいに原付とかで出てくれるか、賞典外にしてマジで攻めるのやめてもらわないと、猛スピードで抜かれるの初心者や小さいマシンからすると怖いんだよ。







前回の朽木でクラス12位と入賞目前だった はちまる大将も果敢に攻める。

入賞して脱初心者だ!









はちまる大将と壮絶なバトル!?

ぃぇ、フツーに抜かれているトコロです。








ハタヒラさんと壮絶なバトル!?

ぃぇ、フツーに抜いているトコロです。



スキー場なので40minでも



急で長い上りがある。

ココでは誰よりも長くバイクを押したり、クラッチが逝ってしまったり苦い思い出ばかりだが、ストリートマジックⅡならなんとか上る。

とは言っても最後のほうは脚パワーが必要になってくる。


疲れた大将が、最後にこの上りで悶絶していた。






無事チェッカーフラッグを受ける。









大人気なくストリートマジックⅡで出たので、当然クラス優勝。

クラス優勝したらステージで発言できるので、今回の苦言。


「90minや40minみたいな初心者向けを謳っているレースで、1~2周しかできてない人が多数いるのはコースレイアウト見直したほうがイイんじゃないですか?もっと初心者・初級者・子供・女性に優しいレースにしてください。」

上級者お断りを掲げているWEXは、いわゆる「ぐるぐるエンデューロ」でいいじゃないか。
ある程度走れる初級者は何周も何周も走ってもらって、あまり走れない初心者でもある程度周回できるようにしてもらいたい。
そんなんじゃ物足りない!な中級・上級な人は、120minでもJNCCでも上にはもっと走り応えのある設定が用意されてるじゃないか。


とりあえず、40minには原付持ってくるとイイよ。

オレはダレの挑戦でも受ける!
  1. 2018/09/03(月) 11:47:34|
  2. レース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

2018.6.24 夫婦岩スクーター8時間耐久レース

バイク仲間がFBで何かしらレースに出るようなコトを書いていたので、詳しいコトを聞いてみると、スクーターによる8時間耐久オフロードレースがあるとのコト。

そいつぁ楽しそうだ!

というワケでBlogとFBでメンバー募集してみたところ、CCJからオレ含め4人、ランバージャックスから1人、突き家のマコっちゃんも参加してくれるというので、急遽、混成チームが組まれるコトになった。

チーム名は

チョイノリクラブジャパンとランバージャックスと突き家

長いわ!



マシンは坂内24時間用でWEXでもテストを繰り返しているストリートマジックⅡ 1号機。





車検に通ると「感謝」シールを貼ってもらえます。


スクーターで8時間も走ったら壊れて然りというコトで、2台のスペアマシンが許されているので、念のため




ストリートマジックⅡ 2号機と、実戦投入しそこなったチョイノリX 2号機を用意した。


スタートはグリッド式。





エントリー順というコトで3番グリッドと良い位置からのスタートだ。

スタートはオレが務める。







コースは土木会社の土場だった場所に杭を打ち、コーステープが張られている。

決して広くはないが、スクーターレースというコトで言えば充分な広さだ。

コース幅も狭いトコロもあるが、イイ感じ。



8時間もあるので第1ライダーがムキになって走っても仕方ないが、楽しむためにも全力でスプリントのように走る。

2番グリッドのマシンをなかなか抜けずにいたら、1番にどんどん離されていく。

しかしアトから見たら、それほど離されてはいなかった。

なんとか2番手に上がるも、地元の速いライダーの乗るモレに抜かれてしまい3番に落ちる。

そしてライダー交代。





いつもカブでWEXに出ている、ランバージャックスのハタヒラさん。

道着なんか着て暑くないんですか? と聞くと、

暑いに決まってるだろ!! と言われてしまうので気をつけろ。







そして、まだ元気な頃のダカールさんw

坂内のようなコースはあまり得意じゃなさそうでしたが、ココではかなり攻めた走りを見せてくれた。





もちろんチョイノリの精も走る。




そして あっこも走る。

当然、最弱ライダーだと思っていたが、更に遅いライダーがいたのには驚いた。



スクーターで8時間耐久なんてふざけた(誉)イベントなので、2時間毎に






早食い競争が行われる。

全員ピットインして、食べ終わったチームから再スタートだ。

最初はゆでたまご。

ハタヒラさんが挑戦するが、フツ~な結果。







ココで第6ライダー、突き家のマコっちゃんが走る。

なかなかアグレッシブな走りを見せてくれるので、スペアマシンの出番もあるかも。。。


順調に周回を重ね





第1ライダーに戻る。





2度目の早食いは串モノいろいろ。





再度ハタヒラさんに食べてもらうが、やっぱりフツ~な結果w



半分の4時間経ったらコースを逆走にチェンジ。

短いコースだが、こういう工夫してくれるおかげで飽きがこない。





トップを走るマシンとバトルを繰り広げるダカールさんと、ライダーに水をかける迷惑な人(ハタヒラさん)。

天気がよく、暑いし砂埃も酷いので散水です。




3度目の早食いは




揚げまんじゅう。

コレはオレが挑戦。

となりの若いコに「これ、もたれますよねぇ?」と言われたけど、どうだろうね?


結果はオレがブッチギリで1番。

マコっちゃんが1番でコースイン!


早食いで10秒差をつけたところで、順位に影響はナイんだけどね~




楽しい時間にも終わりはやってくる。

チェッカーフラッグは




あっこが受ける。

完走おめでとう!!







みんなよく楽しんだね。


結果は13台中 4位。

このメンバーでこの順位は大したもんだ。

ハタヒラさんも、ebiちゃんも、あっこも、一応動いてるマシン抜いてたしw


ホント、楽しいレースをありがとうございました。


来年はCCJで2台体制で出よう!

そこそこ乗れる人チームと、遅い人チームで。

もちろん遅い人チームはストリートマジックⅡで、乗れる人チームはオフロードパルでw




















  1. 2018/09/02(日) 23:52:23|
  2. レース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
次のページ

プロフィール

88hakaidah

Author:88hakaidah
FC2ブログに引っ越してきました。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
日記 (253)
坂内2Daysエンデューロ (5)
レース (70)
チョイノリ (136)
ハスラー (31)
PV50P (12)
K90 (21)
ストリートマジックⅡ (21)
バーディー50 (8)
XR250R (38)
RMZ250 (5)
Djebel200 (14)
RM85L (3)
SEROW225 (33)
CRM50 (1)
RM125 (10)
オフロードのススメ (10)
車 (45)
2018坂内24h (5)
2017坂内24h (18)
2016坂内24h (21)
2014坂内24h (5)
2013坂内24h (7)
2012坂内24h (2)
2011坂内24h (7)
2010坂内24h (16)
2017剣山攻略戦 (7)
2016剣山攻略戦 (11)
2015剣山攻略戦 (5)
2014剣山攻略戦 (7)
鳥・生物 (43)
DIY (81)
林業 (9)
ライヴ (23)
整備 (30)
HIACE (21)
カレー (15)
酒 (8)
TOP (6)

ブロとも一覧


ムーミンの雑記帳&内緒のコメント用ブログ

埼玉の大ちゃん

フライングクロ

はちまるブログ

ちょい乗り紀行

KSK@ばすのブログ

セカンドライフを堪能

ヴェクスターだから楽しい!...のか?

ヴェクスター乗ったことあります

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR