FC2ブログ

#88 新米感覚

モトクロス・エンデューロのBlogに見えない?でしょうね。

ジェベル(山)への道 ナンバー取得

4月になったので安心してナンバーが取れる。


保険屋へ行き、セローの自賠責をジェベルに移し、










事へ行き新しいナンバーを発行してもらう。

4月アタマなので忙しかったらしいが、それほど混んでなく30分程度で完了。






早速ナンバーを取り付けて、












近くの林道へ行ってみる。

ウシロに見えるのがF市T町の集落だ。

ウチは山に隠れて見えない。




ジェベル200の走りはとてもマイルド。

レースなどで勝ちに行こうと思ったらコレでは非力かもしれないが、林道メインで公道を走るには扱いやすくてイイだろう。


ブレーキが弱いだ、サスが弱いだのインプレを見かけるが、そんなコトを言ってる人の多くが知識で言ってるだけに思える。


ぃゃ、確かに弱いんだが、モトクロスコースでジャンプとかするワケじゃなければそんなに気にもならないと思うよ。

オレが違いのわからないオトコなだけかもしれないけどね。






足付きも良く(オレはモトクロッサーでも問題ありませんが)、パワー控えめなコトで走りもマイルド、13L入る燃料タンクに低燃費で林道でのガス欠のリスクも少ない、明るいライト、今でも輸出されてるらしく部品供給も安心。



ジェベル200、とても良いバイクです。



  1. 2016/04/10(日) 16:41:05|
  2. Djebel200
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

ジェベル(山)への道 ハンドルまわり

ジェベルのハンドルバーは純正鉄ハンドルが着いていた。





形状的にも機能的にも何の問題もナイが、









レンサルアルミバーがあるので、コレに取り換える。




グリップはプログリップが着いていたが、




もう何だかわからないぐらい擦り減っていたので、プログリップの違うタイプのモノに交換。




レバー類もエアクリーナー同様ジェベル200用の社外品なんて、








存在した!

RALLYショートレバーに交換。

しかしクラッチレバーの形状が違っている。


どうもクラッチを切ってないとセルが回らないという安全装置のスイッチらしい。

ま、そんなの元は無かった機能なので、直結させてしまえば問題ナイ。







元々付いてた









ZETAのハンドガードは、ハスラー50に移植してしまう。





代わりに、RM125で使っていた




アチェルビスのハンドガードをつけ、元々付いてたZETAのバーパッドを巻き付けハンドル周りが戦闘力高そうに変貌を遂げる。








ジェベルには似合わない






アチェルビスのカクカクしたフロントフェンダーを










古臭いカタチの純正中古品に付け替える。

ベースが1985年にリリースられたSX200Rだけに、この古臭いデザインのほうがシックリくる。

なんならSX200Rの青いラインの入ったモノかDF用の黒いのにしたかったが、程度の良いモノがなかったので大人しくジェベル用の白にした。

なぜなら安かったから。


ちなみに新品は、DF用の黒は廃盤らしく、ジェベル用の青は値段が高かった。









コレでとりあえず完成。













うん、バイクらしくてカッコイイ。

コレは愛情も湧くね。






あとはトレール全般に共通して言える貧相なステップをワイド化し、スタンドの接地部分を埋まらないよう広くするぐらいかな?
  1. 2016/04/10(日) 16:18:13|
  2. Djebel200
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ジェベル(山)への道 シート張り替え


エンジン、足まわりは完璧(?)なので外装にとりかかる。



まず、
                                                               
                                       





破れたシートの表皮を、








剥ぎ取ってしまう。

シートフォームはそんなに汚れていない。





新たに、




安いシート表皮を用意したが、縫製部分の防水が施されていないので、










インナーにポリ袋を使う。






シート張り替えの強い味方、







エアータッカーを使う。

ハンドタッカーでもできないコトもないが、エアのほうが強力なコトよりも、ステープルのでる口が出っ張っているコトで凹んだ箇所にでもステープルを打てるのが最大の利点。




新しいシート表皮を被せ





タッカーで撃って撃って撃ちまくる。







全周打ったら、






余った部分をカットして出来上がり。







取り付けると、まるで張り替えたかのようにキレイ。

張り替えたんですけどね。



ポリ袋防水しか施されていないが、雨の日に好んで走りに行くコトもなければ、外に停めておくコトもないので大丈夫だろう。


SUZUKIのロゴがなくなったのは惜しいが、新しい黒い、、、ネオブラックシートはイイネ。



  1. 2016/04/10(日) 15:24:29|
  2. Djebel200
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ジェベル(山)への道 足まわり


ジェベルに履いていたタイヤはヒビ割れた標準タイヤ。

画像は忘れた。




そこで、









もう公道を走ることのないセローから剥ぎ取った、ミシュラン T63を履いてやる。

フロントは標準が70/100-21というムチャな細さだが、T63は80/90-21からしかない。

というか、そんな細いのは選択肢がほぼナイ。

リム幅は同じだし、幅が10mm変わっても、特に問題ナイので吉とする。




ビードストッパーも入れてやろうと思ったら穴がナイ。

バルブの穴しか開いてない。


仕方ナイので新しく穴を開け





、、、るなんてコトはしない。

レースほど空気圧も下げないから、とりあえずは大丈夫だろう。

何かあったら、そのときに穴を開けてビードストッパーを入れてらろう。





2000年モデルとまだまだ新しいからか、リムもスポークも割とキレイ。

セローのような激しい腐蝕もみられない。


リムはスズキはRKだがヤマハ・ホンダはDIDを採用している。

同じDIDのXR250Rのほうは全く腐蝕もないので、メーカーによる違いでもなさそうだ。

セローに乗ってる人のバイクの保管状態が良くないのかな?





ジェベルはレース用ではナイのでスペアなど必要ないのだが、セローの程度が悪いモノよりも安く程度の良さそうなモノが買えるので、思わず買ってしまった。

大阪まで取りに行かないと。。。






フロントブレーキのディスクパッドが限界まで減っている。







とにかく新品に交換。



厚みを比べると、





う~ん、限界!!





キャリパーもピストンの戻りが悪いので、






バラしてみる。

大問題はなかったが、ピストンとシリンダーをキレイにして




シールを新品に交換。


組みつけてDOT4のブレーキフルードを注ぎ、エア抜きしたら完成。


ディスクパッドはCRM50やマグナ50と共通だ。

というコトは、その程度の性能しかないというコトだ。


せめて、常に最高のパフォーマンスを発揮できる状態にしておきたい。



リアブレーキはドラムブレーキでそうそうシューも減るもんでもないので、タイヤ交換のついでにキレイにしてOK。



エンジンも足回りも出来上がったのでいつでも走り出すコトはできる。


アトは気分的な要素が大きい外装だけだ。
  1. 2016/04/10(日) 14:58:13|
  2. Djebel200
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

ジェベル(山)への道 エンジンまわり



ジェベル200の整備にとりかかる。

基本はエンジン。

しかし、幸いエンジンそのものは無事っぽい。


無事じゃないのはエアクリーナー。



ボロボロになったエアクリーナーを、







純正新品に交換。

オフロードバイクのエアクリーナーらしい形状をしている。

板状のスポンジなセローとは大違いだ。



ホントはエアクリーナーはツインエアにしたいが、ジェベル200用は存在しなかった。セローのはあるのに。。。



しかし、オフロード用品・パーツをリリースしているダートフリークオリジナルブランド







エアテックにジェベル200用もあったので、更に交換。

純正は予備として取っておく。



純正の作りは必要最低限といった感じだが、ツインエアやエアテックなどのしっかりした社外品は構造も作りもハードな使用に耐えられる作りになっている。

ま、ジェベルでソコまでの性能が必要かって言ったら、気分的に必要です!







個人売買のバイクで必ずヤっておかなければいけないのが、オイル交換。







ドレンボルトが2箇所あり、その一つはストレーナーのカバーの真ん中にある。

最悪、ドレンをナメてしまっても、ストレーナーカバーごと新品にしてしまえば問題ナイ。

そのカバーのボルトをナメたら元も子もナイけどね。

まぁ、そんなアルミスプリングを作るのは、締め付ける力に強い弱いの概念がない伊太利亜の伊達男だけでしょうけどね。











ストレーナーも洗浄し、オイルフィルターも当然交換。

アタリマエだが金網ではなく濾紙を使っている。



アタリマエの作りをしているというのは、とても安心です。



エンジンオイルはもちろんMOTUL H-TECH 100 4T 10W-40。

オイル容量は850mlと少な目なので、指定の6000kmと言わずマメに交換していきたい。








スパークプラグは贅沢にも、






イリジウムプラグ(右) が着いていたが、サビもヒドいので指定のRプラグに交換。






元々かかって吹けるエンジンなので、この程度でOK。

あとは外装と足回りだ。
  1. 2016/04/10(日) 14:28:26|
  2. Djebel200
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
前のページ 次のページ

プロフィール

88hakaidah

Author:88hakaidah
FC2ブログに引っ越してきました。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
日記 (253)
坂内2Daysエンデューロ (5)
レース (70)
チョイノリ (136)
ハスラー (31)
PV50P (12)
K90 (21)
ストリートマジックⅡ (21)
バーディー50 (8)
XR250R (38)
RMZ250 (5)
Djebel200 (14)
RM85L (3)
SEROW225 (33)
CRM50 (1)
RM125 (10)
オフロードのススメ (10)
車 (45)
2018坂内24h (5)
2017坂内24h (18)
2016坂内24h (21)
2014坂内24h (5)
2013坂内24h (7)
2012坂内24h (2)
2011坂内24h (7)
2010坂内24h (16)
2017剣山攻略戦 (7)
2016剣山攻略戦 (11)
2015剣山攻略戦 (5)
2014剣山攻略戦 (7)
鳥・生物 (43)
DIY (81)
林業 (9)
ライヴ (23)
整備 (30)
HIACE (21)
カレー (15)
酒 (8)
TOP (6)

ブロとも一覧


ムーミンの雑記帳&内緒のコメント用ブログ

埼玉の大ちゃん

フライングクロ

はちまるブログ

ちょい乗り紀行

KSK@ばすのブログ

セカンドライフを堪能

ヴェクスターだから楽しい!...のか?

ヴェクスター乗ったことあります

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR