FC2ブログ

#88 新米感覚

モトクロス・エンデューロのBlogに見えない?でしょうね。

タンクデカール

XR250Rも、よくよく考えれば22年もマエのバイク。

眠っている時間が長かったとはいえ、だいぶくたびれてきている。


先日のエンデューロが終わって気付いたが、タンクがかなり削れてきている。







このままだと穴が開いてしまう!?

、、、とまでは言わないまでも、あまりよろしくはナイ。


ボロボロになった純正デカールを剥がし、磨いて傷を均す。





それでも細かな傷で白っぽい。


ココにデカールを貼る。







オリジナルより赤がキツいのでバランスは良くないかな。

しかし、コレで傷を気にしなくてよくなった。


今まで破れていなかったのが不思議なくらいだが、シートが少し破れてきた。

張替えなきゃな。。。
スポンサーサイト



  1. 2011/06/28(火) 22:34:49|
  2. XR250R
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

レースのない日曜日

4週連続でレースに出て、ソレがあまりにも楽しかったので、今週も何か出れそうなレースがないか探したぐらい。


残念ながらと言うか幸いと言うか、丁度いいレースはなかったので久しぶりにレースのない日曜日。


せっかく楽しくて仕方ないのに乗らないのもどうかと思う。

しかし予算は使いすぎ。

そんなワケで、ものすごく久しぶりに九頭竜川の川原に行ってみるコトに。


昼過ぎからボチボチと行ってみるが、案の定ダレもいない。








上から見ると草が生い茂っていて、ドコがコースだかよくわからない。



下りてみると、







コース幅は広くはないが、しっかりコース整備されている。


いつもコース整備してくれる、ちるだ師匠とバイク専門鉄工所(違)の小林さんに感謝です。



準備していると ちるだ師匠登場。


マシンはもちろん、まだ無転倒のYZ250。




DT50で来てくれれば少しは競れるのに。。。



2人ともボチボチ準備しながら、しゃべっていると小林さん登場。

午前中も来ていてKX85に乗っていたらしいが、





午後の部はCRF50。




XR250Rはトラブルの修理がまだなのでRM125を持ってきた。








走ってみると、とにかく忙しいコース。

コーナーが深いので加速と減速が忙しい。

コース幅もないのでラインの選択肢など無いに等しく、ツッコミで無理するとオーバーランしそうになる。

ストレートも草がバンバン当たる。

オオスズメバチが飛んでいたりする。


ちるだ師匠は2スト250が走りやすいと言うが、きっとソレはテクニックがあってのハナシ。

オレだとXR250Rのほうがイイかもしれない。

いや、RM125のほうが速いとは思うけど。。。



ちるだ師匠がペース落としてくれて、しばらく後を走らせてもらったが、明らかに流してたり待っててくれたりしてくれてるのに、無理してもついていくのがやっと。

無理してでもついていったおかげで少しは走れるようになったけど、当然オーバーランしたりコケたりもw


トータルで走った時間は短かったけど、思いのほか楽しく走るコトができました。


ちるだ師匠、小林さん、ありがとうございました。



賑やかで、常にダレかを追いかけるのが好きなので、ホームコースは多度であるコトに変わりはないが、たまには近くの川原もイイもんだ。
  1. 2011/06/19(日) 23:55:15|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

構造変更

さて、ハイエース快適化計画も最終段階。

「構造変更」の手続きをし、車検を取り直し、ナンバーも変わります。


やっと、

契約して3ヶ月でやっと手の届く場所に移動。

工作にかけた時間、足掛け20日。

平行して車本体の修理もしてもらう。

やっと乗れる状態になるも3ナンバーのまま1ヶ月。

やっと、

そう、やっと、


待ち望んだ「8ナンバー」になりました。






























しかし、最大積載量150kgて。。。

ワゴンのサスで、木材の重さで元より重くなってるとはいえ、ハイエースの性能をなめんな~!


ま、コレにバイク1台と用品諸々積んで、少々積載量オーバーしたところで過積載で取り締まられるコトなんてナイでしょうが。



これにて「ハイエースワゴン Living計画」一旦終了です。


これからのモトクロスライフのココロ強い味方になりました。
  1. 2011/06/19(日) 19:28:15|
  2. HIACE
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

その他諸々

サイド、後ろの窓を板張りしてみた。







外からカネライトフォーム、下地合板、ポンリューム。

こんな程度のモノでも某O社のを買うと万の金がかかってしまう。




灰皿とカーテンのスイッチがあった場所にドリンクホルダーを作ってみた。








2Lペットボトル、ジャストフィット。




ベッドはバイクを積んでも片側使える(はず)。






両側使えば







その気になれば、下にも2人ぐらい寝れそうw

荷物をたくさん積んだままでもゆったり寝れるよう、高めに設計。



これからの季節、扇風機なんかも使いたいので、








サブバッテリーにインバーターも搭載。

右の箱のこのスペースが、まるで計ったかのようにサイズピッタリ。




サイドには買ってきたカーテン







正直イマイチ。

薄っぺらくて、丈もちょっと短い。

そのうち作ってもらおう。


ウシロには友人に作ってもらったカーテン。








こっちはナイス。

オーダーしたとおり。




ワゴンはリアのドアが内側から開けないので、








バン用のハンドルを流用。

ロックも自動、手動OK。




コレで中身はほぼほぼ完成。




あとは外観かな?

といってもステッカー貼るぐらいなもんだけどね。


  1. 2011/06/16(木) 23:48:11|
  2. HIACE
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ハイブリッド リアシート

ハイエース ワゴンのリアシート





とりあえず床張りのために取っ払ってしまったが、ナシというのもどうだろう。


ベッドや、積載の関係で3列目はいらないとして、2列目だけでも付ける方向で考える。



元々のシートを元々の位置ではベッドにも干渉するし、バイクを積むにも狭くなる。

イッパイイッパイ前にずらそうにも、シートの奥行きがけっこうある上に前に倒れないシートでは邪魔になる。



そこで用意したのが、







ジムニーのリアシート。

台座はハイエースの2列目右の2人掛けのモノを使う。


もちろんそのまま乗るワケもないので、何かで加工しなければいけない。

何でやろうか?


ま、木でいいか。



というコトで出来上がったのが







鉄と木のハイブリッド台座。

イッパイイッパイ前に設置すると回転はできないので、回転の機能は使えなくした。


コレで荷室を150mmは延ばせる。




取り付けると、足元は狭いもののソレっぽくなる。







ちゃんとシートベルトだって付いている。





前にスライドさせれば、







ベッドもフルに使える。



基本、荷物置き場になるが、人を乗せるコトになっても大丈夫。

乗り心地はワゴンのシートに比べれば格段に落ちるが、乗せてもらうヤツが文句を言うなというコトで。
  1. 2011/06/16(木) 08:56:13|
  2. HIACE
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

寝床2

広々快適なベッドができた。






しかし、このままではベッドとは呼べない。

ただの板付きマットに過ぎない。


なのでベッドと呼べるカタチにする。











はい、テーブルです。

ベッドではありません。


コレの、






この金具を使います。







こんな感じになります。


畳むと、







こうなります。


おおよそ計算はしていたものの、「これぐらいでイイだろ。」とテキトーに切ったのに、計算し尽されたかのように幅も高さもピッタリ、ギリギリ。



コレに





小さいのんをつけて左側完成。




右側は、






脚ナシ。






コレでベッドと呼べるモノができた。



バネットのときは、床にマットを敷いていただけなので、夏は熱くて眠れたもんじゃなかったが、コレなら夏でも冬でも一人でも二人でも快適に寝れるだろう。

独りでしか寝ませんが。。。


  1. 2011/06/14(火) 21:46:44|
  2. HIACE
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

寝床

ちるだ師匠のリクエストにお応えして、いよいよベッドです。

まず用意するモノ




下地合板 ちょうどいいサイズにHCみつわでカットしてもらう。


このサイズに合わせて、




押出法ポリスチレンフォーム保温板(カネライトフォーム)を切る。

スタイロフォームではありません。

が、好みや予算によってベージュでも水色でも使い分けていただければ良いでしょう。

メーカー違うだけですから。




更に、





大きなコンニャク、、、


チップウレタンを合わせる。

隠れてしまう部分には落書きなんかもしてみる。


そして、









ビニールレザーをイイ感じに張ります。



裏は









折り返したビニールレザーをタッカーで止め








床張りに使ったのと同じクッションフロアを貼り、SPF材1×4で押さえる。



このようなモノを









サイズ違いで3つ作って出来上がり。




コレで快適な睡眠が約束されたようなものだ。
  1. 2011/06/13(月) 23:30:04|
  2. HIACE
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

2011.6.12 坂内1時間エンデューロ

多度3連戦に続き、4週目もレース。


昨年、24時間エンデューロを走った「坂内バイクランド」で行われた

第53回 坂内4Hエンデューロ







の前座(?) 1Hエンデューロに出た。

一応、ビギナークラスというコトだが、多度のフレッシュマンクラスと同じで、割とキャリアの長い人も多数出ているので、オレも気にしないコトにする。

実際、エンデューロで単独入賞したコトもナイし。


マシンはもちろん、昨日オイル交換・タペット調整をしたXR250R。




ウシロに写っているのは1985年XR250。

まさかオレのより古いXRが出てるとは。。。

この人、60過ぎで、先月のJNCCにも出てたそうな。

練習走行でウシロにつかせてもらったけど、抜けなかった。。。




スタートは5~6台ずつのクラッチスタート。

順番はゼッケン順。

希望ゼッケンで88にしたからではなく、エントリー〆切ギリギリでエントリーしたから最後尾からのスタート。

前にが30台いるコトになる。


コースはフルコースではなく、ダンロップ後の上りでショートカットするコース。

もちろん川渡りもある。


とにかく必死に追い上げ、1台、また1台と抜いていく。

同じ列からスタートした#31がなかなか抜けず、何周もウシロを走る。

やっと抜いたと思ったらマシントラブル。

シフトペダルがグラグラになり下がってしまい、シフトチェンジがしにくく、1速には入らない状態になり#31に抜かれてしまう。。

2速、3速とクラッチを使い誤魔化しながら再度#31を追う。

そしてなんとか抜き返す。


そうやってバトルしているうちに順位も上がっていく。

しかし、前にダレがいるのか、何台いるのかわからない状態。

最後の最後までダレかしらを追いかけ、積極的に抜いていく。


1時間が経ちチェッカーが振られる。


終わってみるとマシンはドロドロ。




ブレーキレバーはボルトが緩んで下を向き、

フロントマスクには飛び石が直撃。







結果

#31を抜いたアトに、それまでTOPを走っていた#11を抜いたらしく優勝。

2位 #11 RMX250S

3位は#31 YZ250Fだったが、3位と4位の人は入賞経験者というコトで辞退し、#10 KX125

となった。






もし2位以下全員ラップしてたらオレも辞退しようかと思っていたが、2位の#11も同一周回だったので受け取るコトにした。

坂内の特産品がダチョウ肉というのは知らなかった。 へぇ~

http://www.j-rich.jp/


次からは4時間or賞典外というコトになる。



というか、24時間エンデューロですね。

今年も一緒に楽しんでくれるメンバーを募集します。
  1. 2011/06/12(日) 22:24:53|
  2. レース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

XR250R オイル交換・タペット調整

明日は坂内で1時間エンデューロ。

レース前日にやるのもどうかと思うが、エンジンを組み直してからそんなに乗っていないとはいえ、一度も換えてないままエンデューロはナイなというコトで交換。



抜いたオイルは





当然真っ黒。

それは少し乗ればなってしまうコトだから仕方ない。

幸いにも金属粉が雑じっている様子はナイ。


新しく入れるオイルは




安心のホンダ純正 ULTRA G2 10W-40 

ホントはMOTUL入れたいんだけど。。。





フィルターも交換。



ついでにタペット調整。




INもEXもちょっと広めになっていたので、



キッチリIN0.05、EX0.08に合わせた。



さて、これで明日、調子良く走れればイイな。


  1. 2011/06/11(土) 22:03:23|
  2. XR250R
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

箱2



こんな風に、タイヤハウスを覆う箱を取り付けるにあたって、邪魔なモノがあった。



ソレは







リアヒーターユニット。

取り外すという選択肢もあったのだが、せっかく付いてるモノだし、ウシロから冷気が来るのはバネットでよく知っていたので生かす方向で考える。

それにしても、なにもこんな真ん中に付いてなくてもイイのに。。。


吹き出し口は3つあるが、ウシロのほうは箱で隠れてしまう。

いっそのコト、吹き出し口はひとつにしてしまおう。


そんなワケで、リアヒーターの引越しをした。


位置はなるべく前、





荷室の一番前までもってきた。

運転席のリクライニングも殺したくないので、ハミ出しは最低限に止める。





余ったビニールレザーを巧く使って、なんとなくソレっぽく見せる。



スイッチ類はON⇔OFF、風量調整、温度調整の3つがあったが、






温度調整を省きコンパクトに移設。

そもそもON⇔OFFも運転席のスイッチだけで良かった気もするが、まあイイだろう。



このリアヒーターユニットBOXの上に、もともとの内装を切って貼って出来上がり。






リアヒーターユニットの移設、案外カンタン。


、、、といっても、オレは内装をやっただけ。

移設は自分でできないワケではナイけど、バンを希望したのにワゴンしか用意できなかった車屋にやらせた。


自分の工作は信用できるが、自分の整備は信用できないからねw


しかし、この車屋のほうが信用できなかったりする。


オレのチェックが入らなかったら、延長ホースを水道ホースにされるトコロだった。

おそろし~
  1. 2011/06/07(火) 22:50:55|
  2. HIACE
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

88hakaidah

Author:88hakaidah
FC2ブログに引っ越してきました。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
日記 (253)
坂内2Daysエンデューロ (5)
レース (70)
チョイノリ (136)
ハスラー (31)
PV50P (12)
K90 (21)
ストリートマジックⅡ (21)
バーディー50 (8)
XR250R (38)
RMZ250 (5)
Djebel200 (14)
RM85L (3)
SEROW225 (33)
CRM50 (1)
RM125 (10)
オフロードのススメ (10)
車 (45)
2018坂内24h (5)
2017坂内24h (18)
2016坂内24h (21)
2014坂内24h (5)
2013坂内24h (7)
2012坂内24h (2)
2011坂内24h (7)
2010坂内24h (16)
2017剣山攻略戦 (7)
2016剣山攻略戦 (11)
2015剣山攻略戦 (5)
2014剣山攻略戦 (7)
鳥・生物 (43)
DIY (81)
林業 (9)
ライヴ (23)
整備 (30)
HIACE (21)
カレー (15)
酒 (8)
TOP (6)

ブロとも一覧


ムーミンの雑記帳&内緒のコメント用ブログ

埼玉の大ちゃん

フライングクロ

はちまるブログ

ちょい乗り紀行

KSK@ばすのブログ

セカンドライフを堪能

ヴェクスターだから楽しい!...のか?

ヴェクスター乗ったことあります

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR