FC2ブログ

#88 新米感覚

モトクロス・エンデューロのBlogに見えない?でしょうね。

灼熱のラテン・ソウル・ナイト

久しぶりのライブ。

場所は







横浜赤レンガ倉庫にあるモーションブルー・ヨコハマ。

http://www.motionblue.co.jp/top.html



お盆だというのにこんなトコロまで来たお目当ては





米米CLUBのリズムセクションによるバンド、K2C SUNSHINE BAND。

ゲストにホーンセクションBHBからフッシー小林(tp)、河合わかば(tb)の2人。

いろんなアーティストのツアーにも参加している庵原良司(sax)。

「第2の米米」との声(いらんプレッシャー)もあり、腕とかがビョ~ンと伸びちゃうアニメの主題歌を歌うも活動休止となった「5050」のボーカル、テキーラ☆まさはる(ベネズエラ生まれ)。


いつもはアリーナのステージ上にいるメンバーが、すぐ目の前にいる。


ライブハウスなので客は酒を飲んでいるし、明らかに酒飲んで顔を赤くしてるメンバー(tb)もいる。

となりのメンバーにちょっかい出したり(tp)、たぶんアドリブでムチャ振りしてみたり、ボーカルの後ろに立ってずらし回しをするジョプリン得能がいたり、とにかく楽しいライブ。

演奏も選曲も盛り上げ方も、さすが一流のエンターティナーである。


米米の名曲(?)「どうにもとまらない」のときだけ撮影OKというコトで、みんなカメラを取り出す。






暗いし動いているのであまりキレイには撮れなかったが、コレはコレでアリかな。


終わったアト、まったりしていたら素で出てくるメンバー。

ジョプリン得能と一言二言交わし握手もしてもらいました。


前日の夜から一般道で10時間かけて横浜入りし、20時過ぎからのライブなのに午前中から並んで整理券をもらい、終わって翌日、14時間かけて一般道で帰るという大変な思いをして行った、たった2時間のライブ。


それでも「行ってよかった」と言えるほど楽しかった。


しかし、ボーカルがカールスモーキー石井でもジェームス小野田でもないのにココまで楽しいのは、ライブハウスの距離感があってのコト。


来年はアリーナでフルメンバーの米米CLUBに会いたいものだ。

公演の回数は少なくてもイイから、クオリティの高いライブをやって欲しい。


さあ、来年に向けてそろそろ衣装を作り始めなきゃいけないな。


その前に、今年の24時間のために。。。
スポンサーサイト



  1. 2011/08/17(水) 00:48:58|
  2. ライヴ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

坂内24時間エンデューロへの道 2011

今年も坂内24時間エンデューロ、エントリー早割りの時期がやってまいりました。


今年もモトクロスランド多度で知り合った人達とチームを組んで出ます。


マシンはOriTaqのTT-R250




セル付なのでイロイロ安心です。

去年のようにレストアから始めなくていいので、楽ちんです。



メンバーは去年のメンバーからチーム監督リンタロ(非走者)、その保護者リンパパ(走者?)、マシンオーナーのOriTaq、ケガが心配ちゃんぷK山、予算が心配やすみー(仮)、雑用係オレ。

それに最近、JNCCでエンデューロづいているチーム「ノーメンテ」の、ワーディー、N川さん、I垣さんを加えた7名ぐらいを予定。

あまりたくさん走りたくないだ、夜は走りたくはないだのリクエストは一切受け付けません! なんてコトはありませんのでご安心を。




8月14日までにエントリーを済ませると、エントリーフィーが3分の2になるというコトで、早速エントリーを済ませました。


更に、同じチームから50ccのクラスでもう一台エントリーすると、その分は無料になるというので、友人をそそのかしエントリーさせるコトに。

つまり2チームで1チーム分のエントリーフィーでOK。

今年は安く抑えられそうです。

といってもそれなりにかかるんですが。。。



50ccのほうのチームは、基本オフロード素人。

更に、マシン製作中。

コレが何だかわかるかな?






製作者曰く、ドレスアップ賞狙いだそうです。

早くにリタイヤせずに、長い時間走っていられれば可能かもね~

このマシンが何時間もつか楽しみです。



オレは個人的にドレッサー賞狙い。

上手くできるかな~




チーム「多度サファリパーク」始動します。






  1. 2011/08/12(金) 21:53:25|
  2. 2011坂内24h
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

タイヤトーク しますか

昔はBS派でしたが、最近のBSのCM(長瀬の出てるやつ)がキライなコトもあってかなくてか、今ではすっかりDUNLOP派です。

別に、ホームコースでもあるモトクロスランド多度のレースでスポンサーしてくれてるから媚びてるワケではありませんからね。


今、部屋の前にはたくさんのタイヤが並んでる。







純正鉄ホイールにはBSとグッドイヤーのLTタイヤが。

その奥にはヨコハマのスタッドレスが。

反対側にはミシュランのエンデューロコンペ、フロント用が。


DUNLOP派と言いながら、0%とはどうしたものか。


DUNLOPのタイヤ達はちゃんと新品購入して、室内保管してるんです。



というワケで、ハイエースのタイヤ・ホイールを






左の鉄から右の純正アルミ+乗用タイヤに履き替えた。

ハイエースの純正鉄ホイールは、トラック並に厚くて重い。

そんなに変わらないだろうと侮っていたが、斜めの状態から起こすだけで違いがわかるほど違いがある。

これだけ軽くなったら燃費も少しは良くなるかな?

それこそ、そんなに変わらないんだろうな~

  1. 2011/08/08(月) 03:09:02|
  2. HIACE
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

2011.7.24 DUNLOP杯 HAMMERのアリーナクロス2011 R3

最近、多度のレースの画像がない。

OZさん帰ってきて~~!!


レース前日は夕方スクールがあるため、去年に比べて前泊組が多くなっている。

そして前夜はチームハマーの焼きそばが振舞われる。


やきそばを喰い、肉を焼いて喰い、土曜の夜はプレモルで外飲み。

子供たちが寝静まっても、グレンダイザーと松本伊代のヘビーローテションで盛り上がるお父さん達。

いっこうに現れないエンジョイクラスのおっちゃん達。



レース当日。

夏のレース!

暑い!

こんな日にレースなんて○態ですね。


練習走行では暑さにやられ、こんなんで10分もつかな?と心配になる。


ヒート1

暑さ対策のためウェアの上から水をかぶり、ウェアの中(特に下)にカキ氷を入れるコトでカラダを冷やす。


スタートは例のごとく出遅れるが、まあそんなコトは気にしない。

TOPを走る93YZ250、追うオリタク。

しかしオリタクがエンスト。

お約束の「93YZ250を追い回すオレ」というカタチになる。


はっとり組長から画像いただいたので追加。



ラインの違いが勝利への道。




ほらね。

ほとんどのコーナーを違うラインで走り、どこでもプレッシャーをかけ続け、お約束どおり後半タレてくる93YZ250をパスし1位でフィニッシュ。










前回に引き続きカウントを間違えたらしく3位じゃない人が3位に立ってしまう。

手集計は大変ですね。



ヒート2

同じく水と氷でカラダを冷やす。

ヒート1はおかげでタレてこなかったから、ヒート2もいただきだ!

スタートを最イン側に取ったら、どうも苦手っぽいというコトで真ん中へんに移動。

ある意味コレが失敗だったかも。

スタートは決して上手くいきはしないものの、大きく離されるほどでもない。

2コーナーで巻き込まれる危険性のあるオリタクのウシロを避け、安定した走りを見せる93YZ250のウシロにつけインをつく。

後から追い上げればイイのに、そんなギリギリで攻めるもんだから2コーナーで転倒。

水撒き過ぎです。

脚を挟まれ脱出に手間取ってしまう。

いつもならココからでも追いつくトコロだが、いかんせん、いたるトコロが水撒き過ぎで滑る。

ヒート1では全部成功していた、最終コーナーからテーブルトップがほとんどうまくいかない。

TOP争いをしているであろう93YZ250とオリタクの背中を見るコトなく3位でフィニッシュ。


きっとタレてきた93YZ250をオリタクがパスしているだろうと思ったら、どちらかというとオリタクのほうがタレたらしく93YZ250が1位。


あんなに水を撒くのはナシだ! もう一回やりなおしだ! と言ってみても通るワケもなく、

2位・1位で93YZ250優勝。
1位・3位でオレが2位。
3位・2位でオリタクが3位という結果に終わった。







負けるのは仕方ないとして、ヒート2が3位独走でバトルできなかったのがもったいない。

次はスタートは安全に出遅れるようにしよう。

全部抜けばイイだけだしね。



夏のレースはこれで終わり。

もしかすると夏の走行も終わりかも?
  1. 2011/08/03(水) 23:18:29|
  2. レース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

2011.6.5 DUNLOP杯 HAMMERのアリーナクロス2011 R2

そういえば書いてなかったので、今更ながら記録のために。

シーズン途中から名前を変えて始まったDUNLOP杯 HAMMERのアリーナクロス2011。

第1戦、TADOエンデューロ、今回の第2戦と3週連続のモトクロスランド多度。

更に言えば翌週は既に書いている、坂内バイクランドでのエンデューロ。


前、前々週と違い、雨は降っていない。

おかげでカレーは完売。(売ってはいません。)


さて、レースのほうは、エンジョイクラス4人、スーパーエンジョイには、はっとり組長だけ、そしてチームハマーからIA芹沢翔悟選手、NB北野幸汰選手。

以上7台で走るコトになった。


ヒート1

チームハマーの2人は速過ぎるのでさて置き、TOPを走るオリタク。

ハンデとして最後尾スタートしたはっとり組長がソレを追う。

そして正にしかけようとしたときい転倒!

ちゃんと見せ場を作ってくれます。

転倒したはっとり組長をパスしオリタクを追うが、リスタートして追いついてきた組長に2人ともアッサリ抜かれてしまう。

クラスは違うのでムキになって追いはしない。 というか追っても追いつけない。

そのままオリタクを追い回すが、今までだったらもっと引き離されているはずなのに、引き離されるどころかいつでも仕掛けられそうな感じ。

なのでドコだったか忘れたけどオリタクをパスし、クラスTOPに立つ。

そのまま逃げ切り、ヒート1は1位でフィニッシュ。





この中で1番だった組長だが、上のクラスというコトで下からの放水。



ヒート2

同じくチームハマーの2人はビュンビュンみんなを抜いてLAPしていく。

カタチとしてはヒート1と同じような感じだったが、はっとり組長は転倒せずブッチギリ。

オリタクを追うオレが転倒。

すぐにリスタートしたが、もうオリタクには追いつけるはずも、、、あった!

なぜか追いつくコトはできたが、抜くまでには至らず2位でフィニッシュ。


1位2位でエンジョイクラス2位。





このレースの模様はダートスポーツ9月号をご覧ください。


  1. 2011/08/03(水) 21:37:00|
  2. レース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

88hakaidah

Author:88hakaidah
FC2ブログに引っ越してきました。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
日記 (253)
坂内2Daysエンデューロ (5)
レース (70)
チョイノリ (136)
ハスラー (31)
PV50P (12)
K90 (21)
ストリートマジックⅡ (21)
バーディー50 (8)
XR250R (38)
RMZ250 (5)
Djebel200 (14)
RM85L (3)
SEROW225 (33)
CRM50 (1)
RM125 (10)
オフロードのススメ (10)
車 (45)
2018坂内24h (5)
2017坂内24h (18)
2016坂内24h (21)
2014坂内24h (5)
2013坂内24h (7)
2012坂内24h (2)
2011坂内24h (7)
2010坂内24h (16)
2017剣山攻略戦 (7)
2016剣山攻略戦 (11)
2015剣山攻略戦 (5)
2014剣山攻略戦 (7)
鳥・生物 (43)
DIY (81)
林業 (9)
ライヴ (23)
整備 (30)
HIACE (21)
カレー (15)
酒 (8)
TOP (6)

ブロとも一覧


ムーミンの雑記帳&内緒のコメント用ブログ

埼玉の大ちゃん

フライングクロ

はちまるブログ

ちょい乗り紀行

KSK@ばすのブログ

セカンドライフを堪能

ヴェクスターだから楽しい!...のか?

ヴェクスター乗ったことあります

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR