FC2ブログ

#88 新米感覚

モトクロス・エンデューロのBlogに見えない?でしょうね。

おし~えて おじいさん

チョイノリニ号機のエンジン不調は、案の定のカム磨耗だった。






エンジンオイルもそーとー換えてなかったようでドロドロ。


一号機もそうだったように、





ウェーブワッシャーも粉砕。


ココまでは一号機で学んだとおり。

なので部品も準備済み。


ところが、最初の画像をもう一度見てみると、






何かがおかしなコトになっている。。。







ペラペラのワッシャー(?)が磨り減ってタイヘンなコトになっている。。。


ホントなら




こんな並びで入っているパーツだが、

1、しんでしまった。

2、どこかへとばされた。

3、くだけちった!

4、くだけちった!

パーティは全滅してしまった。。。



おお、ゆうしゃ ああああ よ! しんでしまうとはなにごとだ!


部品を追加注文しなくてはいけなくなったが、困ったコトに部品番号がわからない。


おじいさんでも、アルムのモミの木でも、トライさんでも、ダレでもイイので、1~6の部品番号を教えてください。

お願いします。
スポンサーサイト



  1. 2014/03/30(日) 22:21:49|
  2. チョイノリ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:14

MISIAの森






石川県の某所に「MISIAの森」がある。


某所と書いたが特に秘密なわけではないので、調べてもらえばすぐにわかる。





今日は石川県津幡町で仕事があったので、近くにある河北潟とMISIAの森に行ってきた。



河北潟はついこの間まで多くの冬鳥で賑わっていたらしいが、その多くは北へ旅立ってしまい、割とのんきな冬鳥と、年中いる鳥、気の早い夏鳥しかいない。


それでも多くの野鳥を観られるスポット。

ぐるりと回って探鳥スポットを探す。


河北潟の湖面には、まだ北へ旅立っていないヒドリガモ・マガモ・ハシビロガモ・コガモ、年中いるカルガモ・オオバン・バンがいる。

遠くにウやカモメの類もいるが遠いのでよく見えない。

上空にはトビ・ミサゴ・アオサギ。

葦原にジョウビタキ・オオジュリン。


河北潟周辺の水田の多くが「ふゆみずたんぼ」で、カモ達の良いエサ場にもなり、渡り鳥の休憩ポイントにもなる。

この時期、渡りの途中の珍しい鳥も観られるコトもあるので行ってみる。






広い。。。



ドコをどう探せというのか? というぐらいに広い。

地味な色の旅鳥、シギの類がいても見つけられる気がしない。

結局シギの類や珍しい鳥は見つけるコトができなかったが、ヒバリ・ツバメ・ムクドリ・オオジュリン・ハクセキレイ・ダイサギ・アオサギ・ケリ・イカルチドリ・ハシボソガラス・キジバト・ツグミ・モズ・キジ






ノスリ





ミヤマガラス

黒いからって全部一緒じゃないんです。

よく見るカラスは「ハシブトガラス」か「ハシボソガラス」。

東京の街中には「ハシブトガラス」が多いそうですが、こっちでは少数派のように感じます。

ちなみにコレが



ハシボソガラス

鼻腔のあたりが毛の覆われているのに対し、ミヤマガラスは毛に覆われていなくてクチバシの根元が白い。

冬になると農耕地に群でやってくるミヤマガラスは、そんなに珍しいというワケではないが見落としがち。





3~4時間ほど河北潟周辺を散策し、ほんの少し仕事してMISIAの森へ。


結論から言ってしまうと、









ココにはMISIAはいません。



さすがに平日の日中は、歩いている人も少ない。


冬も開けたばかりだから仕方ないが、倒木があったり荒れている。

やっぱり森の妖精「CWニコル」がいないとダメなのかな?


森ではウグイスが下手くそに囀っている。

シジュウカラ・ヤマガラ・エナガ・ヒヨドリ・メジロはどこへ行っても常連。

冬鳥のシロハラ・アトリもいたが、どいつもこいつもじっとしてないもんだから、まともに撮るコトができない。

日も傾いてきて光も良くなくなってきたので、少しだけ仕事寄り道して帰る。


結局、ほとんどというか全く仕事せずに遊んでた1日でした。




明日は 「MISIA 星空のライヴⅦ」 福井公演

さすがにこっちはMISIAいると思うよ。
  1. 2014/03/29(土) 00:22:31|
  2. 鳥・生物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ニ号機復活への道 着手編

ガレージ作業が苦にならない季節になったので、去年9月に勢いで購入したまま手付かずだったニ号機復活に着手するコトにさっき決めた。







とりあえずフロントカウル以外の外装を外し洗車。







履いたばかりの前期ホイール+GP110を装着し、エンジンを下ろす。






エンジンを下ろすためマフラーを外すとき、





ボルトが折れてしまった。

とりあえずCRCでも吹いて置いておく。



オイルを抜き問題箇所に辿り着くまでエンジンを開けていく。

エンジンの中は





ドロドロ、グチャグチャ、チョメチョメさ。

コレではこうなるワケだ。。。






案の定な状態のカム。

当然、開けるマエからわかりきっていたコトなので部品は買ってある。


一号機のときもそうだったので予想はしていたが、





ウェーブワッシャーも砕けてた。


とりあえず、各部キレイにして今日は終了。


2回目なのでサクサク進んでしまって、この調子だと次で出来上がってしまうんじゃないだろうか?

慌てずゆっくりヤっていきます。







  1. 2014/03/26(水) 01:09:27|
  2. チョイノリ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

春の陽気に誘われて

北陸で3月といえばまだ冬。

のはずなのに、きっとダレかが世界中のカレンダーの1・2月を改ざんして2週間ほど多くしたんじゃないかと思うほどの陽気。

ちょっとだけガレージで作業したらカラダも温まってきて、久しぶりにチョイノリ出動。


ちょっとだけドコかへ行こうと思ったら、丁度イイのが







「オレが選ぶ、TVCM好感度ワースト1」をト○タと争うケータイ会社の白い犬でお馴染みの一乗滝。


佐々木小次郎が燕返しを身につけた場所とされていて、





こんな像まであったりするが、400年もマエの日本の歴史なんてドコまでがホントかわかったもんじゃない。




雪も全くなかったので






ちょっとだけ未舗装路に進入。


サスペンションのありがたさを再確認できましたw


リジットで未舗装路をガンガン走ったら、ヒットしなくても振動で壊れるよ。。。

ホントどうかしてると思うよ。


GWまでに準備は整うんだろうか。。。






途中、足羽川で





トビではないコトが明らかな猛禽を発見。

ノスリかチュウヒだと思うが、オレの識別能力だと肉眼ではちょっとわからない。

カメラ持ってくるんだった。
  1. 2014/03/25(火) 00:30:15|
  2. チョイノリ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

春なのでタイヤ交換

北陸で3月といえばまだ冬。

しかし今冬は雪も少なく、R365の栃の木峠も4月には通れるようになるらしい。

この時期に東北や長野の仕事が入ったりすると、「スタッドレスのままで良かった~」というコトもあったりするが、たぶん東北や長野に行ってもスタッドレスの必要はナイだろうし、不幸にもそっち方面の仕事の予定がナイというか、仕事がろくにない。

なので





アルトのタイヤを夏タイヤに。

夏タイヤは標準サイズより若干径を大きくしてる。

というのも標準サイズだと3%ほどの誤差が出るから。

今のサイズで1.25%ほどまで誤差が減る。

次はもう1サイズ太くして径を大きくしてみようと思う。



さらに






スクラムのも交換。

こっちも標準サイズだと誤差が。。。

スタッドレスは誤差の無いサイズにしてあるが、夏タイヤは少しだけ誤差が残る。



外したスタッドレスは





ちゃんと洗剤で洗って、空気圧を下げて室内保管。

11月までオヤスミナサイ。






そして、








2号機のために買ってあった、前期型の前後ホイール。






タイヤの減りも劣化もハンパない。


スプロケも





尖っているどころか、山なくなってるよ。。。



外すのはモトクロスタイヤに比べれば楽勝。





色を塗り替えようかとも思ったが、どうせ傷むし、すぐにタイヤ履いてしまいたかったので見送る。




用意したのは




標準装備のIRC GP110チビ と、キタコの27丁スプロケ。

もちろんバルブもIRCの新品に換える。






タイヤはハメたが、コレを機体に装着するのはまだ先のハナシ。


4月に入ったらまた出張の予定が入っているので、ヒマな今のうちに少しでも進めておかなきゃな。



  1. 2014/03/24(月) 23:45:27|
  2. チョイノリ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

昭和レトロなモノを買った。

別にバイクも車も、古いモノが好きってワケではナイんですよ、ホントは。


ただ、古いモノが安かったり、古いモノで充分な性能だったり、古いモノのほうがデザイン的にステキだったり、古いモノのほうが面白かったりするだけで、、、やっぱり古いモノ好きだわ。


今回買ったのは、














あのキャベジン コーワでお馴染みの「KOWA」製(ホント)。

1952年に発表された、興和初のスポッティングスコープ「TS-2」。

実際に製造・販売された年は不明だが、モデル的には60年以上マエのモデル。


いまどきのスポッティングスコープのような、なんとかコーティングレンズとか小洒落たモノはついていないが、そんなに古いモデルにしては状態も良く、使用には全く問題ナシ。

ただ、付属のアイピース(接眼レンズ)の形状が、






こんな感じだったので、







椅子脚に履かせるようなパイプエンドを買ってきて、








底を切り取り、








取り付ければ、覗いたら目の周りが黒くなるようにインクを塗っておく部分のできあがり。



実際使ってみると、観察施設などに設置してあるNIKONやKOWAの新しいモデルに比べれば劣るものの、ホームセンターなんかで売ってるような双眼鏡のメーカーのスポッティングスコープと比べると像は鮮明に見える。

ま、元の値段が違うから仕方ないか。


アイピースに倍率は25倍。

場合によっては、もっと高い倍率も欲しいやもしれないが、まあ必要充分・実用的な倍率といえよう。


古い三脚に古いスポッティングスコープを乗せて、あたかも長年ウォッチングしてるように振舞うとします。
  1. 2014/03/24(月) 01:19:03|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

呉羽山温泉

金沢で仕事の翌日が富山で仕事だったので、通えるのに富山に前泊するコトにした。

通った体で旅費精算するので宿泊は自腹。

なのでいつものルートインではなく、素泊まりで安い温泉旅館。

呉羽山にある「いかにも」な温泉旅館で、ビジネスホテルと違って不便な面もあるが、この値段ならアリかなという感じ。



ココを選んだ理由は値段以外にもおよそ2点。

富山のチョイノリスト、KSKの工房の近所だから。

歩いて行けるから呑むのもイイかもしれない。

前日「明日富山行くよ。」とメールするが返事がない。

当日、再度「今夜富山行くよ。」とメールするが、なかなか返事が来ない。

やっと来たと思ったら仕事が遅くなりそうだと。

どうせ泊まりだ、遅くなってもOKと待機していたが、結局、仕事が終わったという知らせはなかった。

きっとあれからずっと、今でも仕事してるんだと思う。

年度末だもん、仕方ナイよね。



ココを選んだ理由は、まだあと1点残ってる。

ココ呉羽山も探鳥スポットだからだ。

仕事行くマエに、野鳥の活動が活発な朝を狙って散策というのも悪くない。

しかし、富山は雨。。。

朝からガッツリ雨。。。


何のために呉羽山に泊まったんだか。。。





仕事を素早く終わらせ、3度目の正直、






富山新港臨海野鳥園に行ってきた。

前回、前々回は休館日と閉館後で入るコトが叶わなかったが、今日は大丈夫。

建物に入ると、よくある観察施設同様ガラス越しに池が見え、フィールドスコープが並んでいる。

もう冬も終わろうというのに、まだたくさんの冬鳥がいる。


しかし、館内にはダレもいない。

客がいないだけじゃなく、職員もいない。。。

完全に独り。

暖房的なモノも効いてない。

ホントは閉館中なんじゃないかと疑ったほどだ。


特に珍しい鳥はいなかったものの多くの鳥がいた。

しかし富山は雨。

かなりガッツリ降っている。

光がよくないので撮影には適さない。


シャッタースピード遅すぎて、






ほぼ残像状態のハシビロガモ。


ダメだ。

ハナシにならない。




なんか惨敗した気分。。。





オマケ









こんなにもいました。



  1. 2014/03/20(木) 23:48:07|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

ウグイスの初音も聞こえる頃に



豊川での仕事を終え、数日と100kmほど距離の寄り道をして多度に行ってきた。

今回も持っていったのはXR250R。

というのも、1月の練習走行から積みっぱなしだったから。

もちろん整備どころか洗車すらしていない。

だって積みっぱなしだから。


多度は福井と違って、いつでも天気がイイ。

風は冷たいが晴れているだけで幸せだ。


毎週のように来ているギンパパとK松さんは珍しくお休み。

K松さんは体調が悪かったらしいが、釣りにいくほど元気だったらしい。


ギンパパからトレーラーを買ったWR250R若者が来ていて、大人がよってたかってメンドウを看る。

いまどきバイク、しかもオフロードに乗ろうなんて酔狂な若者は大事にしないといけないからね。

WR250Rは70マンエンもする、いまどきのトレール車。

チャンプの02YZ250Fより新しいバイクには乗ったコトがないし、ましてやトレール車なんか90年代前半のモノまでしか乗った記憶がナイ。

ちょぉいと貸してもらって乗ってみる。


エンジンはとても素直。

ちゃんとドンくさくなく回るし、当然2ストのような扱い難さもない。

脚もそんなに悪くない。

控えめに跳んだぶんには問題なし。

ただ、トレールらしいといえばトレールらしく、初期が硬いせいかギャップでハネる感じはするが、所詮はオレ程度の走りなので問題ナシ。

XRに乗り換えて思ったのが「軽っ!!」。

トレールだから仕方ないが、やっぱりWRは重く感じる。

ま、オレ程度の走りではさほど影響もナイんだが。


そんな70マンエンもするいまどきトレール「WR250R」だが、各部にちゃちさが見え隠れしている。

元々曲がってしまっていたステップが、更なる転倒で溶接部からモゲてしまう。 画像はない。

残った左のステップを見ると、「ああ、これは曲がるわ。」というちゃちさ。

70マンエンもするんだから、チタンとは言わないまでも、鉄でイイからYZ250Fと同等のモノ付けようよ、ヤマハさん。

そういえば「ヤマハ」といえば、最近の「八幡ねじ」のロゴって、絶対ヤマハを意識してるというかパクってるよね。

そのうちネジが三本、円の中で交わっているようなマークに変わるんだろうな~

こんな風に。









今日は福井も天気がイイはずたっだので、久しぶりに洗車でもしようと思っていたが、思ったほど天気も良くなく、洗濯モノも山ほどあったので見送り。

割と暖かい日もあるが、北陸の3月はまだまだ冬。

天気が悪くて、寒くて、とても整備などする気にもなれない。


とは言っても、もうウグイスも囀り始める頃。

7日には能登で、昨日は多度でウグイスの初音を聞いた。

春ももうすぐ。

ボチボチ整備も始めなきゃな。


  1. 2014/03/16(日) 21:34:18|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

コハクチョウ・アメリカコハクチョウ (米子水鳥公園)








ずいぶんと大きいのに「コ」ハクチョウ。

オオハクチョウと比べれば小さいが、並べて比べないと判らないぐらい。

あとはクチバシの黄色い部分がオオハクチョウと比べると小さい。

冬になると湖や川などに訪れる、ダレもが知る冬鳥の代表格。

オオハクチョウより南まで渡る傾向があり、米子水鳥公園にもたくさんのコハクチョウが渡ってくる。

朝どこかへ飛んでいって餌を食べ、夕方になると寝床に帰ってくる。

大きな鳥の群が飛び立つ様と、帰ってくる様はなかなか迫力がある。


コハクチョウの中に稀に




アメリカコハクチョウが見られる。

コハクチョウの亜種でクチバシの黄色い部分がほぼ無い。

コハクチョウは家族単位で行動するが、アメリカコハクチョウの家族の中に、黄色い部分がコハクチョウより小さいが、アメリカコハクチョウより大きい幼鳥がいる。

おそらくハーフだろう。


冬鳥たちもぼちぼち北へ帰っていく頃です。

See you again.




  1. 2014/03/03(月) 06:57:51|
  2. 鳥・生物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

88hakaidah

Author:88hakaidah
FC2ブログに引っ越してきました。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
日記 (253)
坂内2Daysエンデューロ (5)
レース (70)
チョイノリ (136)
ハスラー (31)
PV50P (12)
K90 (21)
ストリートマジックⅡ (21)
バーディー50 (8)
XR250R (38)
RMZ250 (5)
Djebel200 (14)
RM85L (3)
SEROW225 (33)
CRM50 (1)
RM125 (10)
オフロードのススメ (10)
車 (45)
2018坂内24h (5)
2017坂内24h (18)
2016坂内24h (21)
2014坂内24h (5)
2013坂内24h (7)
2012坂内24h (2)
2011坂内24h (7)
2010坂内24h (16)
2017剣山攻略戦 (7)
2016剣山攻略戦 (11)
2015剣山攻略戦 (5)
2014剣山攻略戦 (7)
鳥・生物 (43)
DIY (81)
林業 (9)
ライヴ (23)
整備 (30)
HIACE (21)
カレー (15)
酒 (8)
TOP (6)

ブロとも一覧


ムーミンの雑記帳&内緒のコメント用ブログ

埼玉の大ちゃん

フライングクロ

はちまるブログ

ちょい乗り紀行

KSK@ばすのブログ

セカンドライフを堪能

ヴェクスターだから楽しい!...のか?

ヴェクスター乗ったことあります

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR