FC2ブログ

#88 新米感覚

モトクロス・エンデューロのBlogに見えない?でしょうね。

2014聖地巡礼旅 もうスタート

大会開幕マエに走る。


聖火ランナーみたいなもんか?



聖地巡礼前後の予定が淡路島とか言って超ウケル状態のため、去年と同じくマエもって一部走ってしまうコトにした。


30日 12:12ちょうど、福井のガレージを出発。





結局、使いもしないテントもイスもシュラフも積んでしまった。

箱の中身は多少変わるだろうけど、本番同様の積載。


スタート時のメーターは




給油して11kmほど走っている。



道の駅で2度ほど休憩を入れるが、休憩というより時間つぶし。

あまり早く着いても、チョイノリだと現地付近でヒマつぶしもできないからね。


今回もルートは





当然、山超え。

油坂峠で標高500mまで上るが大した高さではない。

OHして調子の良くなった2号機はグングン上っていく。(遅)


上りきってしまえば、アトは下りだ!!

というほど甘いもんではない。


福井側は割と上りっぱなしなのに対し、岐阜に入ると白鳥のほんの一部の短い区間だけで一気に100m以上下ってしまう。

その先は下りのほうが多いながらも、上って下っての繰り返し。

それでも山超えルートは信号が少なく、交通量も少ない。

安全に快適に走るコトができる。


そんなこんなで約4時間57分で約158.2kmを走る。(休憩時間含む)




この9kmほど手前でガス欠になり、すぐ目の前にあったGSで3Lの給油。

燃費は53km/Lぐらいだ。


平均時速は31km/h。(休憩時間含む)

通常より5km/hは速いコトになる。





翌31日、






1号機にもシートクッションを被せ、オイルキャッチタンクも取り付ける。

サイドバッグも渡し帰路につく。





ルートはほぼ同じ。

去年のように無駄に多度経由というのも考えたが、雨が心配なので速やかに帰るコトにする。


行きと同じで、岐阜側は上ったり下ったりしながら徐々に高さを増していく。

そして、行きは気持ちいい急な下りだった油坂峠は、帰りは急な上りに変わる。


今回、ココだけは20km/hを下回る。

ちなみに下りなら60km/hオーバーも夢ではない。



そんな急坂を上ってしまえば、アトは快適な下りが待っている。






全てのツーリングライダーはダムを目指す。というコトバがあるように、どうしても九頭竜ダムを通ってしまうよね。


このへんからナビの画面が省エネモードになるようになる。

どうも充電されてないっぽい。

USB壊れたかな?


道はわかるので問題ナイ。


とにかく坂を下れ!だ。



大野市街が近づいてくると雨が降り出す。


カッパなど持ってきちゃいない。

降りそうなのはわかってたんだけどね。


幸いドシャ降りではないのでカッパを着なくてもベチョベチョになるコトはなかった。

福井に入ったら雨も止み、給油してガレージに戻る。







途中で1Lだけ入れ、ゴール手前で2.27L入れる。

燃費は約52km/L。


撮影と給油以外はノンストップで走り続けるコト約4時間。

平均時速、なんと40km/h。

チョイノリなのに。



今回の走行距離 319.1kmちょうど。


オイル交換も速やかに済ませ、各部のチェック。

手動の電動ファンが回ってない。

USBが壊れてる。

アトは異常ナシ。




残り約半分。

当日は初心者と一緒なので今回のような弾丸なワケにはいかない。

時間に余裕もって、ゆっくり走ります。
スポンサーサイト



  1. 2014/08/31(日) 23:46:51|
  2. チョイノリ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:14

2014聖地巡礼旅 2週マエに出発

いよいよ聖地巡礼まで半月となりました。

今年の作戦は「2週マエに半分走ってしまえ!」。


今日出発です。




積載は万全。

リアにはカギ付き密閉RV BOX460.








あれ?

左にズレちゃった?

ま、イイかぁ~





  1. 2014/08/30(土) 09:34:31|
  2. チョイノリ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:14

2014聖地巡礼旅 今年の作戦は?

今年の聖地巡礼まで残りちょうど2週間ちょっととなった。


去年初めて参加した聖地巡礼は、その前日までが岐阜で仕事だったコトと、解散後に名古屋で用事があったコトから、スクラムにチョイノリを積んでの参加を考えていた。



しかし、はちまる氏から

「チョイノリで長距離走るイベントだ。チョイノリで来い!」

的なコトを言われたので、苦肉の策


作戦名 「前の週にキャンプ地まで往復しておく」 を発動。

マエの週にダレも来ないキャンプ地まで行って、ただ帰るという孤独な戦いがあった。


全行程の77%をマエの週に走ってしまい、当日はスクラムにチョイノリを積んで行き、チョイノリで浜松⇔
キャンプ地を走り、全線チョイノリで走破したというコトにした。

だからチョイノリで1往復、スクラムで1往復してるんだよね。

http://blogs.yahoo.co.jp/sig_pro_2340/24828184.html









さて今年の作戦は?



作戦名 「前々週に半分往復してしまう。」 発動です。


今年は聖地巡礼weekに淡路島で仕事が入っている。

もしかすると、巡礼後にも淡路島の仕事の延長戦が発生するかもしれない。

仕事が終わってから福井に帰り、翌日チョイノリで福井を出発するというのは正直キツい、、、というほどでもナイんだが、金銭的に無駄である。



前週は長野でレースがある。

走っておくなら前々週しかないのだ。



去年はマエの週にキャンプするワケでもないのに、聖地巡礼と同じ荷物フル積載で走った。

今年はソコのトコロは甘くして、必要なモノだけを積んでいく。

主に岐阜への届け物だ。



聖地巡礼当日に全線チョイノリで走るコトができない人は他にもいるだろう。

だからといって車で行くなんて言っていると、はちまる氏に怒られてしまうぞ!!



今年、はちまる氏は諸事情でトランポ参加になるという。

しかし、全線走破をモットーとしている はちまる氏。

当然、マエもってキャンプ地までチョイノリで往復しているコトだろう。





当然、マエもってキャンプ地までチョイノリで往復しているコトだろう!!




  1. 2014/08/28(木) 23:01:46|
  2. チョイノリ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

2014聖地巡礼旅 準備開始

いよいよ今年の聖地巡礼も、ちょうど2週間とちょっとに迫ってきた。

1号機、2号機ともにエンジンをOHして好調。

やっと聖地巡礼の具体的な準備にとりかかるコトができる。



まず、長距離を快適に走るためのひと工夫。


こんなモノを買ってみた。





ほぼ空気で構成された座布団。

適度にクッション性もあり、適度に反発する感じ。


コレを切ったり貼ったり、、、








、、、しないで被せるだけ。

裏はゴムひもで留めてあります。


コレがどれぐらい快適か未知数です。

まったく快適じゃない可能性もあります。



ちなみに、寝るときにはこんなモノを使ってます。




ほぼ空気なのでギッチリ詰まったウレタンマットレスに比べ、夏はいくらか熱くなく、冬は保温性があるという優れモノ。

コレの分厚いタイプのが欲しいんだけど、ちょっと高くて手が出ない。。。





閑話休題

被せるだけ、ほぼ空気シートカバーを2つ作り、次は積載を考える。


もちろん、剣山スーパー林道でも活躍した






センターBOX(木)には予備ガソリンや交換用オイルなど、頻繁に出し入れしない重いモノを入れて、シュラフを乗っけてベルトで締める。

剣山のときはなかった手動の電動ファンがついたので、ベルトの取り回しを変更。

センターBOXはただ荷物が積めるだけじゃなく、重心を真ん中低めに寄せてくれるばかりか、ニーグリップ(踝グリップ)でマシンコントロールをしやすくしてくれる優れモノ。

しかもコストは数百円(手動の電動ファンを除く)というから驚きだ。

コレを考えた人は凄いと思うよ。 ぃゃホント。





積載といえばリアBOXが定番だろう。

2号機のリアBOXは剣山スーパー林道で




砕け散った!!


飛び散った破片を集め、割れた箇所を繋ぎ、


やっと







ココまで復元するコトができました。


ウソです。

買いました。

1回しか使ってないのにダメになったコトに何のクレームもつけず、同じ店で同じモノを購入。

コレだけ容量があれば充分だろう。


アレ?

もう準備ほぼ完了?



  1. 2014/08/28(木) 02:40:11|
  2. チョイノリ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

2号機 200km整備

エンジンOHをしてから200km走った。

1号機もそうだったように、OH後最初のオイル交換だけは早めにするコトにしている。


もちろん






バルブクリアランスも再調整。

キッチリ0.05mmに合わせる。



オイルはもちろんMOTUL H-TECH 4T



オイル漏れなどはナイし、エンジンもキック一発でかかる。

好調だ。



コレでやっと巡礼準備にかかれます。

今年の積載はどうしようかな?
  1. 2014/08/27(水) 00:49:01|
  2. チョイノリ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

2号機 OH後のテスト走行

OHが終わって、一応完成・復活した2号機。







この機体はオフロードバイクなのに、オンロードタイヤとダウンマフラー(?)。

いわゆるモタード仕様ですね。




実は昨日の晩、なかなか寝付けなかったので、意味もなく徹夜してそのまま7:00に出発。


今回のルートはイキアタリバッタリ。

今回もか。。。




まずは1号機の第1日と同じように山のほうに向かう。

微妙にルートは違うが、美山→大野→勝山→永平寺→丸岡と緩やかに上って緩やかに下っていく。



勝山といえば






恐竜しかないとみなさんお思いでしょうけど、他にもイロイロあるので、ココでは敢えて書かないけど是非足を運んでいただいて、ご自身の目でイロイロ見ていってもらえたらなと思います。






西のほうから戻ってきたら丸岡で給油して北に向かう。


丸岡→春江→坂井→芦原→三国→福井と九頭竜川を下って上るようなルートを走る。



福井平野といえば











その88%が水田。

見渡す限りのコシヒカリ!   かどうかはわからない。

でもコシヒカリは福井生まれだというコトは、全ての国民が認識しないとダメだと思うよ。


農家のオジサンありがとう!







再び福井市に戻ってきたが、今度は東に向かう。

三国の海のあたりから戻ってきたのに、また海に向かう。



福井→越廼→越前→織田→朝日→鯖江→福井というルート。



越前海岸といえばカニとか思い浮かべたりするんでしょうけど、そのへんの岩場にいるようなカニは違いますからね。

喰っても美味くナイと思うからヤメときな。


水仙の花がキレイに咲くのも冬だ。

今の時期、越前海岸には何もない。

何もだ!






元々はこの下を国道が通っていたが、崩落が進み危険というコトで山にトンネルを作って逃がした、自然の岩でできたトンネル「呼鳥門」。


岩マニアではないので特に興味はないし、まだ下を通れる頃からよく通っているのでわざわざ見に行ったりはしないが、まだ見てない人は是非見に来てもらいたい。




しばらく海岸沿いを走ると、

















チョイノリ発見!!


フロアボードを外して何かしてたので「Can I help you?」と声をかける。


調子が悪いのでキャブをバラしてみたらバネがビョ~ンって飛び出て大変なコトになっている的なコトを言っている。

見てみると大変なコトになっていて、その場では何とかできるレベルではなかったので見捨てて立ち去るコトに。


福井まで持ってきてもらえれば直しますよ。と連絡先を交換しておいた。





スタートから70kmで1.5Lほどと、更に120kmで2.34L給油したが、スタート時には「つるつるイッパイ」ではなかったし、最初の給油もセルフではなく「つるつるイッパイ」ではなかったため正確な燃費はわからないが50km/Lよりちょっとだけ良いぐらいのようだ。




今日の全行程は






こんな感じ。

メーター読みで、ちょうど200.6kmを走った。



今朝の天気予報では夜から雨となっていたが、帰ってきて間もなくしたら、





雨が降ってきた。

天気予報を鵜呑みにして更に距離を稼ごうなんてしてたら雨に降られるトコロだった。



OHして200km走ったので、各部のチェックしてオイル交換をしてやろうと思ったが、さすがに寝ないで200km走ったアトではヤル気もおきないし、散漫でミスしてもイヤなので明日にでもヤってやろう。



すぐに見られる気になるトコロ、オイルキャッチタンクの中を見てみた。










オイル??

何か透明っぽい液体が溜まってる。

水??

臭いを嗅ぐと腐ったガソリンのような臭い?

気化したオイルとかのようですね。

コレがエアクリーナーBOXに戻らないとどうイイのかわからないが、一応の効果があるコトは立証されたのではないでしょうか。





チョイノリの整備は後日にして、ガレージ仲間のゴジさんがバンバンの整備を始めたので少し手伝う。





買ったままで手を入れてなかったから気付かなかったが、いろんなトコロのボルト・ナットがユルユルだった。


コレも年式の割にキレイな機体なのでオレのモノになるまで大切に持っておいてもらいたい。


  1. 2014/08/25(月) 00:02:12|
  2. チョイノリ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

2号機 オイルキャッチタンク装着

エンジンOHを済ませ、ほぼ出来上がっている2号機。




あと足りないのはRキット  と、キャブレーターのキャップとオイルキャッチタンクとアレだけ。



部品が届いたのでキャブのキャップを取り付ける。





左が新品。

右は裂けてるだけでなく、穴も広がっている。

こんな状態で林道に行ってはいけないね。


2個ついているべきが1個は無くなっていた。

2個とも新品を取り付ける。





オイルキャッチタンクをどの位置にしようか悩んだ末、








このへんに付けてみた。

スイングしないアームのところに付けようかとも思ったが、その辺りにはRマフラーが来るので干渉するかしないかわからないから逃がしてやった。

思っていたより後方に付けたため、3台分と思って買ってあったホースが2台分しか取れなかった。

また同じホースを買わなくちゃ。

一応、耐油耐熱の少々お高いホースなんだよな~


負圧なのでホースが抜けるコトもないとは思うが、振動で抜けてしまうやもしれないので、明日ホースバンドで締めてやろう。



明日にもRキットとアレなし状態でだが完成する予定。


しかし週末は天気良くなさそう。

聖地巡礼までに200~300km走っておきたいんだけどな~




  1. 2014/08/22(金) 01:10:04|
  2. チョイノリ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

オイルキャッチタンクを作ってみた。

コトのきっかけは浜松でチャイノリクロスに出場したコトだった。






このアトでOHする予定だった1号機を投入し、ほんの数分だが縦に横に振りまくりで酷使しつくした。


とても楽しいひとときでした。




おしまい











ぃゃぃゃぃゃぃゃ、コレじゃ終われないよ。


後日、エンジンをOHする際、エアクリーナーももちろんチェック。


砂埃もヒドかったコトだし、さぞ汚れているだろうと。


開けてみると、







BOXの内壁が砂で真っ白。

エアクリーナーはオイルまみれ。



これが噂に聞くブローバイガスに含まれるオイルというヤツなのか??


というか、攪拌されて直接噴き出してんじゃないかな?


いずれにせよ経路はブローバイのホースに違いはない。


ならばチープに何とかしたくなるのがチョイノリスタというもの。




用意したのは、まず







東海地区限定のBLACKコーヒーと6mmのホースジョイント。


欲しいのは中身ではなく缶なので、コーヒーは飲んでしまっても捨ててしまってもかまわない。


オレの場合、飲むコトにしました。



加工するのは主に蓋だけ。





6mmの木工ドリルで穴を開ける。

金属なのに鉄工ドリルではなく木工ドリルなのは、鉄工ドリルで薄いモノに穴を開けると真円にならないから。

木工ドリルなら淵取るように穴が開くので真円になる。





開けた穴にホースジョイントを挿してみる。






測ったようにピッタリだ。


とはいえ極薄の鉄板にただただ刺さっているだけ。

何かしらで固定する必要がある。




そこでチョイスしたのが、





コニシの金属パテ。


適量切って2色に分かれている主剤・硬化剤をコネて混ぜる。

よく混ぜると割と速く硬化が始まる。


素早く施工。






もちろん裏側にも盛ってある。



あとはホースを繋げて取り付けて完成だ。


こんな調子であと2個作らなきゃならない。

大した手間でもないか。




  1. 2014/08/19(火) 22:44:26|
  2. チョイノリ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

2号機OH エンジン組み立て

分解して各部のチェックが終わったら、部品の洗浄。



白い粉をお湯に溶いてドブ浸けしてカーボンを落とし、油汚れは洗油とワイヤーブラシで落とす。





部品がキレイになったら一気に組み上げる。









1号機に載せたセル付エンジンをOHして間もなかったし、バラしてすぐだったので迷わず組み上がる。


バルブも磨いてやったし、はちまる式バルブすり合わせ術でバルブすり合わせもバッチリ。

バルブステムシールも両方に入れてやったし、オイルシール類は基本交換。

ギヤオイルはもちろん MOTUL トランスオイル。

エンジンオイルももちろん MOTUL H-TECH 4T 10W-40





キャブにワイヤーが入ってるトコロのキャップが劣化して切れていたので新品を買ったはずなのに見当たらない。

このBlogを読んでる人の中にはそんな人はいないと思うが、もし持っていった人がいたら返して欲しい。



部品を何回かにわけて大量購入したら、チョイチョイ行方不明が出てくる。

ちょっと散らかしすぎかな?

ゴミと一緒に捨ててしまったのやもしれない。

引越しのときに出てきたりするんだろうな。


なので、ココから先は部品待ちになるので一気にはいかなさそう。


Rキットもまだだから、どーせ完成はしないしね。

  1. 2014/08/17(日) 23:50:43|
  2. チョイノリ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

2号機OH エンジン分解

早速エンジンをバラシてみた。






分解したらまず各部のチェック。








ぜんぜん外まで使っていないトコロに、マジックででも書いたかのように黒いラインが描かれている。


CVTケースの中は






真っ黒。

ゴムの粉のようなモノ、というかゴムの粉が全面にこびりついている。


何がこんな粉になったんだろう?


Vベルトしかないか。。。





15.05mmまで減っていた。

新品に交換して350kmしか走ってないのに。。。

ドコをどんな走り方したらこんなに早く減るんだ?


使用限度まで0.15mm。

大事に使います。


なんてコトは言わないで交換してしまいます。




2号機を買ってきてから、カムは交換したがヘッドすら開けていなかったので、






カーボンびっしり。





シリンダー上部もカーボンリング。



排気バルブなんて、







完全に段になるほど堆積している。


大量の純正部品を買ってはあるが、さすがにバルブまでは買ってないのでキレイに磨いてやるコトにしよう。





ジェネレーター側の底部が、





削れている。


決して林道を走ったからではなく、買ったときには既にエンジン底部全体が削れていた。

ドコをどんな走り方したらこんなトコロが削れるんだ?


ま、使用には特に影響はナイし、Rキットも組むコトだし問題ないね。






カムは、まるで350kmほどマエに交換したかのように、まったく削れていない。



バルブクリアランスはすごく広くなってた。

整備ミスかな?

剣山での不調の原因って、もしかしてコレか?



ギヤオイルはえらく汚れていた。

そういえば交換してなかったかも。


交換すべき部品は全て揃っているので、アトは洗浄して組むだけだ。



でもまだRキットができてきてないんだよな~

完成はまだまだ先のハナシになりそうだ。。。


  1. 2014/08/17(日) 03:50:00|
  2. チョイノリ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
次のページ

プロフィール

88hakaidah

Author:88hakaidah
FC2ブログに引っ越してきました。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
日記 (253)
坂内2Daysエンデューロ (5)
レース (70)
チョイノリ (136)
ハスラー (31)
PV50P (12)
K90 (21)
ストリートマジックⅡ (21)
バーディー50 (8)
XR250R (38)
RMZ250 (5)
Djebel200 (14)
RM85L (3)
SEROW225 (33)
CRM50 (1)
RM125 (10)
オフロードのススメ (10)
車 (45)
2018坂内24h (5)
2017坂内24h (18)
2016坂内24h (21)
2014坂内24h (5)
2013坂内24h (7)
2012坂内24h (2)
2011坂内24h (7)
2010坂内24h (16)
2017剣山攻略戦 (7)
2016剣山攻略戦 (11)
2015剣山攻略戦 (5)
2014剣山攻略戦 (7)
鳥・生物 (43)
DIY (81)
林業 (9)
ライヴ (23)
整備 (30)
HIACE (21)
カレー (15)
酒 (8)
TOP (6)

ブロとも一覧


ムーミンの雑記帳&内緒のコメント用ブログ

埼玉の大ちゃん

フライングクロ

はちまるブログ

ちょい乗り紀行

KSK@ばすのブログ

セカンドライフを堪能

ヴェクスターだから楽しい!...のか?

ヴェクスター乗ったことあります

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR