FC2ブログ

#88 新米感覚

モトクロス・エンデューロのBlogに見えない?でしょうね。

第五次剣山林道全走破作戦 ~テスト走行&搭載編~

昨日、林道用チョイノリ「チョイノリR」が復活したので、近くのテストコースを走らせてみるコトに。
                                                             
                                                               
                                                             












テストコースに入るや否や、



















倒木に道を阻まれる。

先日の強風で倒れたのだろう。




引き返してノコギリを持ってこようかと思ったが、チョイノリRの利点でもある小ささを活かし枝の間をムリクリ突き抜ける。





上りはアタリマエに速くはないが、15km/h程度までしか失速せず、勾配が緩やかになればちゃんと加速していく。

CVTは好調のようだ。








山の上から見下ろす町内。

ウチは山に隠れて見えない。






距離は短いが、路面的には剣山よりハードなテストコースを走れたのだから、本番でも問題ナイだろう。

問題があるとすればホンダ勢か?









テスト走行を終えたらスクラムに積み込み。








アトは食料や水を積み込めば完了だ。

明日にでも最寄りのPLANTに買いに行こう。





今回の作戦に初めて







新しいブーツを実戦投入。

FLY マーベリックブーツ 

ピッタリサイズだと足の甲が痛くなるので、チョイ大き目のUS10をチョイス。

ゆとりがありすぎるぐらいだが、厚めのソックスで誤魔化せばイイだろう。

新品は硬くて、シフトやブレーキの操作がしにくいが、チョイノリならどちらも足で操作しなくてイイので大丈夫。

モトクロスにも使えるように履き慣らしていくのに丁度イイかも。
スポンサーサイト



  1. 2016/04/30(土) 22:26:10|
  2. 2016剣山攻略戦
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

第五次剣山林道全走破作戦 ~機体準備編~

いよいよ来週に迫ってきた 第五次剣山林道全走破作戦


直前にWEX下市もあり、K90の整備にかかりきりになっていたワケでは実はナイのだが、今ヤらなくてもイイのまで手を着けだしたらチョイノリは全くの放置状態。


ギリギリにならないと行動を起こさないのがタマにキズです。





そんな聖地巡礼から全く乗ってもいなければ、つい最近までオイルも交換していなかった2号機「チョイノリR」を、モタード仕様(ツーリング仕様)からR仕様に戻さなければならない。








WEX下市で使ったK90を洗車して格納して、やっと2号機を出してくる。







組みこむのはKSK式Rキット。

現在、生産を休止している幻のRキットです。

そしてタイヤは断然オススメの、IRC GP110チビ。

もちろんスプロケは、前11丁 後36丁のローギヤでいく。







そういえば、誰かが「Rホイールを外すとき、Rフェンダーを外さなければいけない。」的なコトを言っていたような気がするが、













スタンドの下に2×4材程度の厚みのモノを敷けば、下にスンナリ外せますよ。









サイドBOXはそのままで行こうかと思っていたが、




やっぱりコケて割るとイヤなので、サイドBOXのフレームだけ残して、ココにテントを括り付けるコトにした。




定番のリアBOX、IリスOヤマ 鍵付き密閉RV BOX460もそのままで行こうと思っていたが、





外してキャリアのみで使うコトにした。

オーバーキャリアも含め5kgの軽量化に成功だ。





過去2年、登坂力に問題のあった2号機。

原因をアレコレ考えて、CVTに問題があるという結論に至り、クラッチの分解・グリスアップしたところ、去年の聖地巡礼では見事に急坂を登り切った。

今回、更にスムーズに動くように、




関東では常識となっている、小さいベアリングを入れてみた。

少しでも変速がスムーズになってくれるとありがたい。










Rキットを装着してるときにフと思い、






古いチューブを用意、というかタイヤ交換マツリで外したのが、そのまま放置されていたので、コレを






テキトーな長さに切り、更に開き、














この部分に巻いてみた。








ビニールテープで巻いてフレーム・ワイヤー・配線の保護の出来上がり。

今までココのトラブルはなかったが、飛び石で配線にダメージあったら困るからね。








足元のBOXには








ガソソソを1Lと、更に0.5L入れておく。









まさかチョイノリに永く乗ると思っていなかったのだろう、








自賠責がちょうど切れていた。




2年マエは2年も乗るかどうかと思っていたが、今ならこう言える。
















アト5年は乗るでしょ。


5年フルに入っておいたほうがお得だしね。




コレで機体の準備はカンペキかもしれないし、そうじゃないかもしれない。

なんせテスト走行とかしてないから、どんなもんだか。。。


明日、テストコースでも行ってみようかな?
  1. 2016/04/30(土) 01:09:30|
  2. 2016剣山攻略戦
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:13

洗車とかバーストとか

レースから帰ったら夜で、次の日も朝早くから夜まで仕事で洗車ができなかった。

昨日は天気も良く、仕事もテキパキ速く終わらせてしまったので、洗車してしまう。







エアクリーナーの穴だけ塞ぎ、IリスOヤマの古い高圧洗浄機でドロを落としていく。







思ったよりドロも落ちやすく、アっという間に、








ヤフオクに出品するための画像のように瑞(水)々しくなった。


来月の瀬戸に向けて整備しなきゃいけないが、とりあえずGW明けまではこのまま格納。











今日は営業のIと一緒に能登に向かう。

高速を走っていると、右後ろから異音と振動がし始める。

そしてバタバタと爆音たてて車体を激しく叩くヤツがいる!?








バーストしてた。



1kmほど行けばICだったので、路肩を徐行してICに向かう。

そしてスペアタイヤにテキパキと交換。

営業のヤツ等はこういうスキルがないから、出先でトラブってもすぐにオレに電話がかかってきたりする。

オレがいるときなら、その場でできる範囲で何とかするけど、出先だったらJAF呼びなよ。





見事なバーストだ。



1本だけでなく4本とも新品、今履いているTOYOでなくDUNLOPにするよう忠告しておいたが、ちゃんとそうしてるだろうか?





オレのアルトもそろそろタイヤ新しくしとこ~
  1. 2016/04/28(木) 00:40:50|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

完食

我が家には我々二人以外の住人、ぃゃ、住獣がいる。


天井裏でコツコツうるさいぐらいなら許そう。


しかし先日、ネコだかイタチだかわからないがトム&ジェリーの如く大暴れ。


更には、筍のアク抜きや、畑で使うために置いてあった米糠の袋を破り何度を米糠まみれにしてくれた。



そろそろ消えてもらったほうがよさそうだ。





そこで用意したのが















ピンク色のチョーク

ではなく、普通にドコでも買える殺鼠剤「デスモア」。








納戸に置いてみたらすぐに食べた痕跡があった。


そして2~3日で、








完食。





また置いても少しづつ減っている。







死んでねぇんじゃね?



むしろエサ与えてるんじゃね?




調べてみると、




ネズミに3~5日間連続して食べさせてから、効果が出るまでに3~5日間かかります。(合計10日間ぐらい)
※殺鼠剤がなくなったら、食べなくなるまで追加してください。



どんどん追加していかなければいけないんですね。。。

一度買ったら買い続けなければいけないスパイラルに陥ったのですね。。。
  1. 2016/04/27(水) 23:31:19|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:20

2016.04.24 WEXウエストR2 ウッズ下市 40min

WEX(ウィークエンドクロスカントリー)ウエスト R2 ウッズ下市が、奈良県下市町にウッズモータースポーツランドしもいちで行われた。




前夜に少しだけ雨が降り、当日は良い天気。


コースも部分的にマディだがベストコンディションというには良すぎるコンディション。

多少荒れていたほうが、上手い人でもコケるからチャンスも増える。

ま、ピンチも増えるけどね。




コースコンディションが良すぎると言っても、











非力なビジネスバイク K90には過酷なコースであるコトに変わりはナイ。



今回のテーピングライト(排気量小さめの市販車クラス)には、前回も出てたKLX125と、去年の瀬戸に出てた人が初めてのKDX125SRで出ている。

そう、125ccのオフロードバイク2台がライバルだ。

勝てる気はしないが、そんなに負ける気もしない。

なんせK90は生まれ変わっているからね。






90分のスタートを見にいくと、






日本野鳥の会のバードウォッチング長靴を履いている女子が3人。

ちなみに一番左は あっこ。

そしてコレを撮っているオレも緑ぃのを履いている。

時代はバードウォッチングなんですね。

やっと時代がオレに追いついてきたようです。










身支度をして90分のフィニッシュをハイタッチで迎えたら、次は40分のレースが始まる。












今回はちゃんとレースクイーンもいる。

オナカ冷やさないでね。






オープンクラスがスタートした約10秒後にスタート。








アタリマエに多くのオフロードバイクに先行されるが、それほど悪いスタートではない。

なんせK90は生まれ変わっているからね。







パドックから見える急坂では、90分のレースでも上りきれずにコケてるバイクが多数いたが、













オレも上りきるマエにエンジンが止まり、ズリ落ちないように必死で支えるハメに。

上りきった先でも軽く渋滞ができてる。

そう、ソレが40分のレベル。

1速で上れば行けるんだけど、ロータリーシフトは何速に入っているのかわからず、シフトダウンするつもりがシフトアップしてしまうのでこういうミスは多発する。


阪下のときとは生まれ変わったK90でも、いたるところで脚パワーを使うコトとなる。





しかし平地ならシフトミス問題も大丈夫。













こんなに速く(速そうに)走るコトができる。






ちゃんと走れさえすれば、









バトルも楽しめる。

レディースクラスを追いかけまわすのは、同じぐらいの速さだというばかりではなく、オレが女好きだからです。(照)







エンストはたくさんあったが転倒はないまま、待ち合わせの場所に向かう。















「ゴメン、待った~?」     「こっちこっち~(はあと)」










無事チェッカーを受け、






レースクイーン&その他大勢とハイタッチ。 ※ココで言うレースクイーンは画像のコではなく、この少し後にいる あっこのコトです。








結果はクラス2位(3台中)

総合21位(29台中)


ビミョ~な順位だが、今回はちゃんと走れたし、ココロなしかいつも以上にギャラリーにウケていたので楽しいレースだった。




表彰式のアトには








KTMに試乗させてもらう。

ハスクバーナやヤマハも試乗できたが、今回はKTMの人がフレンドリーに話しかけてくれたのでKTMだけにしておいた。

もちろんこの格好で試乗させてもらった。


最初は200EXC

2スト200ccのエンデューロモデル。

2スト200ccのレーサーはかなりパワフルだが、とても扱いやすく感じる。

K90に乗ったアトにフルサイズ乗ったら扱いやすくも感じるわなw

セルも付いててエンデューロでは楽ができる。


次に125EXC SIXDAYS

2スト125ccのエンデューロモデル。

もちろんパワフルだが2スト125ccぐらいが丁度イイかも。

RM-Z250に乗っていると、アクセルを10開けるとエンジンが12回るようなイメージだが、コレは10開けると10回るような感じがして、カラダが置いていかれる感じがしない。

ちょっと欲しくなってしまった。

買えないけど。。。


最後にFREERIDE350

チョイと違和感のあるデザイン。

乗ってみるとオレ的には扱いにくい。

KTM的には扱いやすいモデルとのコトだが、今時4ストで350ccという排気量は大きすぎるのかもしれない。


KTM大阪北のみなさんありがとうございました。







レース後はみんなで、くろだま商会奈良店に行き、クロコレを見せてもらう。

choisantaさんと一緒になって「一人でこんなにいっぱい持っててどうすんでしょうねぇ。」と言っていた。





その後、ついでに



豚珍館で年に1~2度しか喰わないラーメンを食す。











そしてALL一般道で福井に還ると、


















また1台増えてました。




フライングクロさん、うめだまさん、まつきち画伯、choisantaさん、遠いトコロ駆け付けてくれてありがとうございました。


また、お礼の筍送りますねw



次は5月29日 WEXウエストR3 スラムパーク瀬戸でお会いしましょう!
  1. 2016/04/26(火) 21:59:31|
  2. レース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:19

ブーツを忘れずに!






さあ、K90も積み込んだ!



もちろんブーツも忘れずに積み込んだ。


もう長靴で走るコトはナイw




明日はWEXウエスト。

初めてのウッズモータースポーツランドしもいち


天気予報は日に日にズレていき、今夜少し雨が降るそうだが、明日は回復するようだ。

エンデューロ的にはベストコンディションが予想される。




同じクラスにはKDX125とKLX125がエントリーしている。

どちらもオフロード用に作られたバイクだ。

K90とは別モノだ。


しかしカワサキなどに負けてなるものか!

生まれ変わったK90の実力を見せてくれよう!


ま、フツー負けるけど。。。







それでは明日、奈良県下市町でお会いしましょう!!


  1. 2016/04/23(土) 14:20:58|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

旬のモノ

我が家の塗装ブースに
                                                              
                                                                
                                                             






















恐竜が居着いてました。



もうそんな季節なんですね~







恐竜も塗装ブースに住み着く季節になると、裏山では






















筍がドンドン生えてきます。

今日も あっこが掘ってきましたが、こんなのは氷山の一角に過ぎません。

イノシシも掘るのを手伝ってくれていますが、まだまだ生えてきます。


オレ、筍好きじゃないから、こんなにあっても あっこ一人じゃ喰いきれないんだよなぁ~





ダレか掘りに来てくれませんか?




掘りに来てくれないまでも、欲しい人はいませんか?

代引き 送料着払いで良ければ、いくらでも送りますよ。





毎年いくらでも獲れるなら、そのうち道の駅にでも置いてもらって、我が家にTOKIOを呼ばないといけませんね。
  1. 2016/04/22(金) 13:58:42|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

オフロードのススメ ~剣山林道攻略戦編~

これからオフロードを始めようという人の、「何が要るの?」にオレなりに答えていくこのコーナー(?)。

モトクロス、エンデューロはもちろん、チョイノリやロードパルで林道に行こうというアレな人にも参考にしてもらいたいと思います。



第9回は剣山林道攻略戦編です。






四国は徳島にある、最も未舗装区間の長いという噂の林道、ソレが「剣山スーパー林道」。


距離は長いが、フツーのオフロードバイクで走るにはちょっと物足りない、割とイージーな林道だ。


しかし、そんなイージーな林道でも「大冒険」になる乗り物がある。





ソレが










チョイノリだ。


去年まではチョイノリで林道を走る作戦だったが、今年は 「第五次剣山林道全走破作戦」 と銘打ちヘチョバイクというカテゴリー(?)のバイクによる林道走破作戦となった。



つまりチョイノリに限らず、





こんなのでも走るというもの。

とても心配。。。

詳しいコトは 「第五次剣山林道全走破作戦」 で見てもらいたい。








では、その剣山林道攻略戦には何が必要なのか、どんなコトに気をつけるべきか書いていきたい。



まず、アタリマエだがヘチョいバイクが必要だ。





もちろんチョイノリならOKだ。

レギュレーション的には非力で軽いというコトらしいが、「参加したいけど非力な軽い、オフロード走行向きでないバイクでは不安。。。」という方もいるだろう。



はちまる大将はお父さんのように厳しく

「ヘチョくないとダメだ!」

と言いますが、オレはお母さんのように優しく

「好きなバイクで走ってイイのよ。」

と言ってあげます。

好きなバイクで参加しましょう。



しかし、当然ですが、フツーのオフロードバイクなんか持ってきても一緒に走る楽しみは味わえません。

やはり、ある程度非力で、ある程度軽いバイクというのは必須になってきますね。








マシンの装備はもちろんオフロード走行できるモノでありたい。

車体はノーマルが基本なので、エンジンやサスはそのままだ。

まず大事なのがタイヤだろう。



チョイノリの場合は定番となっている、







IRC GP110 チビ 3.00-10

コレをオススメする。

モトクロスタイヤの選択肢もナイこともナイが、公道・舗装路も走るのであればGP110にしておきたい。

フルサイズにも同じパターンのタイヤがあるが、フルサイズの場合コレではオフロードの走破性はよろしくない。

チョイノリ程度の非力さなら、この程度のタイヤで充分オフロード走行ができる。


止む無くモトクロスタイヤをチョイスする場合は、舗装路の走行は充分に注意して欲しい。




ロードパルの場合、14インチだが細さがチャリンコ並なため、オフロードタイヤどころかノーマルタイヤですら入手が困難だ。

標準2.00-14に対して2.50-14となるためフェンダー等の加工が必要になってくるだろうが、65ccモトクロッサーのフロント用が履けないコトもナイらしい。




ノーマルタイヤで走るコトもできないワケではないが、上りは非力さ故に大丈夫かもしれないが、下りはアクセル開けるのは自殺行為。

ノーマルで行こうと思っている人も、今一度オフロードタイヤ装着を検討してもらいたい。




燃費とかが気になるが、空気圧は通常より低めにしておいたほうが、オフロード走行的にはイイだろう。








スプロケはハイギヤでも走れないコトもないのは、昨年ムーミンさんが実証している。

しかし、できるコトならノーマルギヤ比ぐらいのローギヤがイイだろう。

なんならR39丁という超ローギヤも試してみたい気もする。







必須ではないがアンダーガードがあるに超したコトはない。




オレの場合、チョイノリに






KSK式Rキットを装着。

マフラーの位置も、ステップボードの下から





このような位置に変更してある。





実際使ってみて、アンダーガードが







こんなにボコボコになるというコトは、ちゃんと仕事をしてくれているというコト。

コレが無かったらエンジンが破損していてもおかしくない。


ただし、アンダーガード無しで走ってエンジンを破損したという例は今のトコロ無いので、下りでアクセル全開にしなければ無くても問題ないのかもしれない。







剣山林道攻略戦は基本的に過酷なラリー キャンプツーリングなので積載も考えなければならない。


オレの場合、






リアに鍵付きRVBOX460。

リアBOXはなるべく前寄せにしたい。

キャリアの先に取り付け、且つ重いモノを入れたりすると、後ろ加重になりすぎてフロントの接地感がなくなってしまう。

重いモノはなるべく中心に近く、低い場所に積みたい。


前カゴは正直オススメしないが、前カゴありのままの~♪ 場合は軽いモノしか入れないようにしましょう。

オレのチョイノリはステップボードに箱を設け、ガソリンなどの液体を入れておくコトで重心をセンター下に寄せつつ、くるぶしで挟みマシンコントロールしやすくしている。

その分、重くなってるけどね。。。

今年は更にサイドバッグ・サイドBOXと過積載気味の予定。

上りが遅いから軽量化したいぐらいなのに。。。







ライダーの装備もオフロードに適したモノを選んで欲しい。

オフロードのススメ ~ウェア編~ ~ヘルメット編~ ~プロテクター編~ ~実戦装備実例編~などを参考にしてもらえればイイんじゃないかな?

ソレに加え、5月とはいえ山の中は急に冷え込むコトもある。

朝晩も当然冷える。

冬の装備までとは言わないが、中綿ジャケットぐらいの防寒着があったほうがイイだろう。

↓にも書いておくが合羽もあったほうがイイだろう。







持ち物は何が要るだろう?


・食料 :1泊の予定なので初日昼、夜、2日目朝、昼ぐらいの用意は欲しい。
運良くファガスの森などの飲食てきる施設がOPENしていればイイが、開いていないコトもあるらしい。
ナッツやジャーキーなどのかさばらないモノがとても役立ちます。

・水 :当然水道など無い。
運良くファガスの森などの飲食てきる施設がOPENしていればイイが、開いていないコトもあるらしい。

・酒 :荷物にもなるのでほどほどに。

・ガソリン :燃費の良いチョイノリでも、山では燃費が落ちる。必ず500~1000mlの予備タンクを携行したい。
2ストの場合、一応2ストオイルもあったほうがイイだろう。

・火 :全員が持っていく必要はナイが、コンロなどの火器が要る。

・工具 :軽量化のため省きたい鉄の塊なので、全員が持たずとも2人ほどが持つようにすればイイんじゃないかな?
パンク修理キットもチューブ用・チューブレス用が必要。

・予備パーツ :コレも全員が持たなくてイイと思うが、転倒で折れる可能性のあるレバー、切れると困るヘッドライトバルブ、チューブの破損に備え予備チューブはあったほうがイイだろう。

・ライト :懐中電灯の類は数種類あるとイイかもしれない。
頭に着けるタイプのモノは両手が自由になるので必須と言ってイイだろう。

・テント :ツーリングにはコンパクトなモノが望ましい。
2人用ぐらいが狭すぎず、大きすぎずオススメ。

・シュラフ :HCで1000円程度で売ってるモノでも問題ナイが、安眠は約束できない。

・マット :テントの中でシュラフの下に敷くマット。
銀色のロールマットでもイイが、広げると空気が入っていくタイプのモノがコンパクトでオススメだ。

・ガムテープ :あえて必須と言わせてもらう。
世の中に万能なモノが3つだけある。その一つがガムテープだ。
同様にインシュロックも何本か持って行っても邪魔にはならない。

・雨具 :山の天気は変わりやすい。合羽は防寒着にもなるので、雨の予報がなくてもあったほうがイイ。

・カメラ :もちろんケータイでもOK。アクションカメラ(非ワニマガジン)なんかもあるとナイス。

・メモ :冒険の記録をとるのに使う。次に始めるときは冒険の書に記録したトコロから始められるというシステムはナイ。

・マスク :花粉対策ではない。記念撮影の際に被り、後の画像処理の手間を省くためだ。

・トイレットペーパー :山に数か所はトイレもありますが、トコロかまわずしたくなる人もいます。
他の人のためにも、穴堀用のスコップも併せてご利用ください。

・ロープ :隊に1~2本でイイのであったほうがイイだろう。
出番がナイに超したコトはない。

ロープがナイ場合、








立体機動装置があれば何とかなる場面もある。


昨年、完全走破を断念した原因の、






崩落も、立体機動装置さえあれば超えて行けたに違いない。



他に何かあれば追加していきたい。







走行に関しては、~林道ツーリング編~でも書いたとおり、キープレフトが基本です。

対向車との正面衝突は避けましょう。













林道に入るマエ、初日のベースキャンプまではトランスポーターを使いましょう。

自走ではベースキャンプまでで疲れてしまい、林道でパフォーマンスを発揮できません。

何よりも帰りが心配です。


トランポがあれば、多少荷物が多くても大丈夫。

林道に持ち込むかどうかは出発マエに判断すればイイので、要りそうなモノ、あったほうがイイかもしれないモノ、わからないけどとりあえずなモノも持ってきてイイでしょう。

ベースキャンプで要るモノは

・タープ :はちまる大将に任せておけばイイかな?

・椅子 

・酒

・肉

・米

・ライト

などなど

コレが無いと絶対にダメ!というモノもありませんし、余分に持ってきたからといって困るワケでもナイのでテキトーで大丈夫。

寝床は車の中でもテントでもイイが、なるべく外で寝るのはヤメておきましょうw












剣山林道攻略戦に限らず、全てのイベントで何より大切なのは「楽しもう!という気持ち」です。

もちろん自分だけでなく、みんなが楽しくなるように心がけましょう。

楽しくあるためには、多少のトラブルはあってもイイけど、笑えないトラブルは避けたいモノです。

くれぐれも











ご安全に!!





それではGW、剣山スーパー林道で会いましょう!!
  1. 2016/04/19(火) 20:13:16|
  2. 2016剣山攻略戦
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:16

koro式ヘルメットホルダー改

イタリア種馬こと(?)koro氏が画期的(?)な発明をした。


koro式ヘルメットホルダーだ。

                                               
                                              
                                              
特にヘルメットホルダーを必要と感じるコトはなかったが、思うトコロがあり













こんな金具を用意した。

何もコの字型じゃなくてもイイんじゃね?というコトでL字にした




、、、というワケではなく、コの字が見つからなかっただけだ。


でもL字でイイんじゃね?




コレを、








ココはもちろん、















コッチにも取り付ける。













さて、次に用意したのが、














あっこ、KSK、オレの3人お揃いのサイドバッグ。

片方がほつれてボロボロになってしまったので、片方だけになってしまった。





相棒がいないと使い物にならないマジックテープやバックルを、











ぶった斬ってしまう。






この短くなったベルトに、









ハトメを取り付ける。

2個あるのは先のほうだと長すぎたが、何も斬ってしまわなくてもイイかというコトで根元付近にも開けたから。












コレをカラビナでもって













koro式ヘルメットホルダー改に取り付ける。













コレで左側の収納のできあがり。


バタつかないように、もう一工夫必要かな?
  1. 2016/04/18(月) 22:22:29|
  2. チョイノリ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

仕入れ その4

DCMという 武器商人 HCから、大量の 兵器 道具を購入した。




今週から改装というインサイダー(?)情報があり、大量仕入れのための軍資金を握りしめ行ってきた。


今回は石川の店だったが、幸い今日の仕事は石川。

交通費を自己負担しなくても仕入れに行けた。










しかし、前回の店より大きい店のため、改装後も残るモノが多いのか、いまいちパっとしない。



それでも2点ほど購入。










イロイロ切断する武器が2つ。






コレも陳列してみよう。











ずいぶん減っちゃったなぁ。。。



もっともっと仕入れないと!!
  1. 2016/04/12(火) 19:20:30|
  2. DIY
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:14
次のページ

プロフィール

88hakaidah

Author:88hakaidah
FC2ブログに引っ越してきました。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
日記 (253)
坂内2Daysエンデューロ (5)
レース (70)
チョイノリ (136)
ハスラー (31)
PV50P (12)
K90 (21)
ストリートマジックⅡ (21)
バーディー50 (8)
XR250R (38)
RMZ250 (5)
Djebel200 (14)
RM85L (3)
SEROW225 (33)
CRM50 (1)
RM125 (10)
オフロードのススメ (10)
車 (45)
2018坂内24h (5)
2017坂内24h (18)
2016坂内24h (21)
2014坂内24h (5)
2013坂内24h (7)
2012坂内24h (2)
2011坂内24h (7)
2010坂内24h (16)
2017剣山攻略戦 (7)
2016剣山攻略戦 (11)
2015剣山攻略戦 (5)
2014剣山攻略戦 (7)
鳥・生物 (43)
DIY (81)
林業 (9)
ライヴ (23)
整備 (30)
HIACE (21)
カレー (15)
酒 (8)
TOP (6)

ブロとも一覧


ムーミンの雑記帳&内緒のコメント用ブログ

埼玉の大ちゃん

フライングクロ

はちまるブログ

ちょい乗り紀行

KSK@ばすのブログ

セカンドライフを堪能

ヴェクスターだから楽しい!...のか?

ヴェクスター乗ったことあります

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR