FC2ブログ

#88 新米感覚

モトクロス・エンデューロのBlogに見えない?でしょうね。

境港・松江・米子の旅

先週岩手から帰ってきたと思ったら、今週は鳥取から帰ってきました。

来週はドコにいるんだろう?

そのマエにこれから名古屋だ。





1年半ぐらいぶりに行ってきた鳥取。

27日に境港入りし、そのまま突激!となりのチョイノリスト



28日は15:00マエには仕事を終わらせてしまう。

アトは29日にブツが届かないとできないコトだけだ。


10年ほど若いイケメン所長と一緒だが、オレの特殊能力のおかげで早く終わらせたので、そのアトは自由な時間だ。

イケメン所長を乗せたまま、松江のほうまでドライヴに出かける。


境水道沿いを走り、



美保関灯台。

歩い灯台まで行くのはメンドクサイので、遠くから見るだけ。


同じ道を引き返し松江市街に進み、松江城を遠くから見、宍道湖を橋から見、大根島を通り、いわゆる「ベタ踏み坂」(アルトでもベタ踏みじゃなくても上る)を通り境港・水木しげるロードに帰る。

このへんの地形は特殊なので、イケメン所長がいちいちはしゃぐw

田舎はイイよな~


帰れば同じぐらい田舎なんだけどね。




29日、朝イチでブツが届く。

末端価格にしていくらぐらいだか知らないが、会社的にはそんな大きな取引額ではナイっぽい。

しかし物量は多い。

イケメン所長が15:00の電車で九州に向かわなくてはいけないので、早く終わらせたい。

しかし、始めるマエからオレはわかっていた。

この物量の仕事を早く終わらせるのなんて、、、










楽勝♪

2時間弱で終わらせてしまい、電車の時間までかなり余裕がある。

コッチに来たら行っておきたい場所の一つ、









米子水鳥公園に行く。

この時期は野鳥の数も種類も少ないが、カルガモのヒナやカイツブリの巣が見れる。

他にもダイサギ・チュウサギ・コサギ・アオサギ・オオバン・キンクロハジロ・ツバメ・オオジュリン・アオアシシギなどが見られる。

奥のほうでサギが騒がしいので、何があったのかよく見てみるとオオタカが地面に下りていた。

冬のように何十種類もの水鳥が何千羽といるのも良いが、この時期はこの時期にしか見られないものが見られるので良い。

イケメン所長も思いのほか楽しんでいた。



イケメン所長を駅まで送り、福井まで430kmのドライヴ。



帰ってきたら19:30。

最近なかなか家に居ないので、少しでも整備とか進めたいと思ったが、来週の仕事についてのメールが営業の連中からイッパイ来ていて、自分のコトが何もできないまま終了。

ホントはオレがヤることじゃないのに。。。






1年半ぶりに鳥取を楽しんできました。


秋になったらまた行くからね~
スポンサーサイト



  1. 2016/07/30(土) 10:41:44|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

突撃!となりのチョイノリスト 米子編

おはようございます。

先週東北にいたと思ったら、今はココ
                                  
                                  
                                 
                                













境港に来ています。

米子だと思った?



いつもは米子に泊まるんだけど、米子の宿が取れなかったんだよね~





で境港で取れた宿が、



天然温泉らしいです。

新しい宿のようで、外観も館内もキレイ。

水木一郎しげるロードにあり、周りは妖怪だらけです。

さすが妖怪ウォッチの街ですね。

外にはスマホを持って、妖怪を探しているのでしょうか?邪魔な人達がいます。

歩道を塞ぐんじゃない!




館内は靴を脱いで入ります。



履物はロッカーに入れます。




部屋は、




まるでダレかと一緒のようですが、一人部屋です。


朝食バイキングも豪華、露天風呂もあり。

なかなか良い宿です。






というコトで、

















突撃です!


聖地巡礼ぶりの ふぁんふぁんさんに宿まで迎えに来ていただき、さんちゃんの店へ。

既に初めましての ぴーちゃんも来てくれていました。


2~3時間、呑んで喰っての楽しい時間を過ごしましたが、楽しいとけっこうなペースで呑んでしまい、何を話したか覚えちゃいないので割愛させていただきます。


とても楽しい時間だったコトは覚えています。

帰りは ふぁんふぁんさんの奥様に送っていただき、そのまま宿でバタンキューでした。



ふぁんふぁんさん、ぴーちゃん、さんちゃん、ありがとうございました。

それではまた今夜!(?)
  1. 2016/07/28(木) 08:54:28|
  2. チョイノリ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:14

大喜利

WEXウエストR4ほうのきスキー場での一コマ。


ココにセリフを入れてください。










ま「○○○○○」
ハ「△△△△△」

(逆でも可)




ザブトン10枚で豪華景品です。
  1. 2016/07/26(火) 12:28:00|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:16

2016.7.24 WEXウエストR4 ほうのきスキー場 40min

避暑のため訪れた高山の「ほうのき平スキー場」で、たまたまWEXが行われていて、たまたまK90も積んできていたコトだし、たまたまエントリーも済ませていたので出走するコトに。



コースコンデションは最高。

濡れていたほうが、砂埃もなく、滑るバイクも増えて面白いんだが、このコースならベストコンディションのほうがオレは助かる。


なんせ、






登り坂がハンパないからね。スキー場だし。

あれ?この背中は?






たまたま まつきち画伯も避暑に訪れていて、レースを観戦していくコトに。(?)





まずは90分のレースを観戦。





下りのスタートは珍しい。

スタートしてすぐに、草の生い茂った逆バンクコーナーなので、案の定









転倒もするよね。

ココは気を付けないと。






画像で見る以上の激登り。

ココで止まってしまうと、そのまま再スタートは困難なため、坂の下まで下りてやり直ししなくてはいけない。

幸い、40分はこの登りを使わないが、もう少し緩いとはいえ充分過ぎる激坂がある。

脚パワーを使うコト必至だ。








登りの途中でエンジンが逝ったのか?コース外を下りてくるライダーもいたりする。


ラスト1周になると、走り終えたライダー達を迎えるために、フィニッシャーロードに並んで待つ。

並ぶ場所の目印はオレw






完走したライダーをハイタッチで迎える。

暑い中、みんなよく頑張った!







90分のレースが終わると40分のレースが始まる。





生まれ変わったK90で出撃!







今回、同じクラスのマシンはXTZ125だが、ライバルはDT50だ。









下りなので小排気量のハンデもなく、スタートでインを突く。

しかし、曲がったら登りなので、曲がった瞬間全てのバイクに置いてけぼりにあう。







エンジン乗せ換えて、ろくにセッティングも出ていないからか、白煙モクモク、上が吹けない。

登りも、最初はなんとか登れていたが、長い激坂の上のほうでは脚パワーというか、押して登らなければいけない。


それも2周目になると、押す距離が長くなる。






平地や






下りはまあまあ走れないコトもないが、サスなんて飾りですよなサスなので、下りのギャップはなかなかしんどい。




3週目の激坂で、






まったく登らなくなってしまう。



エンジンは大丈夫だが、クラッチが完全に死んでしまったようだ。







コース外を惰性で下りてくるオレ。

どっかで見た光景だ。








ま「せっかく大阪から来てんのに、3周リタイヤとかアカンで、ホンマ。」

ハ「はい、すんません。。。





説教部屋から下りてくると、ちょうどチェッカーが振られていたので、






フィニッシャーズロードに並んでハイタッチで迎える。

オレはフィニッシュしてないので、ココでみんなに迎えられる資格はナイのだ。。。




結果は周回できた中では最下位。

ライバルのDT50は1周もできずにクラッチが逝ってしまいリタイヤだったそうだ。








珍しく、ヤマハの鈴木健二氏が声をかけてくれたので




一緒に撮影させてもらった。

ヤマハじゃなくてゴメンね~






表彰式が終わり、120分のレースを待たずに退散。


近く(?)のホテルのレストランで、







カレーを喰って帰りました。




エアコンの壊れたスクラムでも、山道は涼しくてイイね。



良い避暑になりました。




まつきち画伯、皆勤賞ありがとうございます。

毎度、画像も助かります。


不甲斐ない結果でしたが、他の人の走りで良い見取り稽古になったと思いますw


次のWEXは11月の予定。

クラッチ直して、キャブセッテイングも出さなきゃな~
  1. 2016/07/25(月) 14:20:09|
  2. レース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

避暑地に行こう!

これから高山に向かいます。


そんなに涼しくもないだろけどね。




むしろ熱くなりそうです。











  1. 2016/07/23(土) 12:30:55|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

夏のツーリング 未知国 その2

いきなり5時間も無駄にしてしまった。

先はまだ長い。


しかも無駄な出費まであった。



20~22時ぐらいまで走って、テキトーにホテルでも取ろうかと思っていたが、そんな時間も金もない。



気が付けばメシも喰ってない。


そんなときのライフラインは














マチのホットステーション。


一箇所でガッツリ喰わず、チョイチョイ休憩がてら止まりコーヒーとドーナツとかを補給する。


長い休憩は取らずに、とにかく先を急ぐ。


初めて新潟の新発田よりも北に進む。



南米チリか!?と思うほど長い長い新潟を一気に抜ける。


新潟に比べれば静岡など短いものだ。






20日 1:00





初めて山形に入る。


ホントは鶴岡ぐらいで1泊しようと思っていたのに。。。




このへんから細かな雨に降られる。

最初は降っているのも気付かない程度だったが、だんだん路面も濡れてくる。




山形に入って、しばらくトラックのウシロを走る。

抜きたいほど遅くはないが、ヨユーで憑いていけるぐらいのスピードで走っていると、ウシロにもう1台車が憑いたので、止まって先に行かせようとしたらパトカーだった。


わざわざ引き返してきて

「コレ何cc?」

「黄色ナンバーですよ。」

確かに白ナンバーであのスピードだったらヤバかったかも。

マエのトラックのコトもあったからか、スピードに関しては追及されなかった。

「こんな時間にバイク珍しかったから。」

とのコトだったが、早めに気付いて(気付いてないが)先行かせようとしたおかげで切符切られるコトもなく済んだ。






山形、秋田、岩手と山のほうに進んでいく。


雨?

まだ降ってるよ。


ドシャ降りまでではないが、それなりに降ってきたり、路面は完全にウェットだったりで、途中で合羽を着たがズボンも靴もグジュグジュだ。








途中、何度もマチのホットステーションでコーヒーを飲む。


眠気と寒さと肩の痛さと、愛しさと切なさと心強さと、部屋とYシャツと私と、酒と泪と男と女で(?)早く休みたいが、休憩らしい休憩できるトコロなどどこにもなく、外で休憩するにも雨だし夜だし。。。



6:00 目的地 岩手県花巻市に到着。


休憩、強制休憩含めて21時間、約775kmをぶっ続けで走った。

5時間のロスがあったものの、夜中に走ったおかげで2時間ほど縮めるコトができた。


チョイノリじゃなくてよかった~





約束の時間は昼過ぎなので、ネットカフェまで行き、昼まで休憩。

3時間ほどの仮眠をとる。



14:00

約束の場所に行き、






















ハイエースに積み込む。




さぁ帰ろう。







観光とか名物には興味がナイが、






イチオー道の駅ぐらい寄ってみる。



別にお土産など買わなくてもイイんだが、









こんなモノを買ってみる。






東北に来たな~と思うのは、












DCMがカーマじゃないコトぐらいかな?


靴がグジュグジュだったのでサンダルを、どこかで風呂に入りたいのでタオルを購入。

どっちも持って来れば良かったのにね。






山を下り、海に出た頃にはもう夕方。





ほぼ裸な女性の姿はドコにもない。


昼にいたかどうかもわからないけどね。






新潟市内で「女池湯ったり苑」という風呂に行く。

「女池」というからエッチなサービスでもあるのかと思ったら(思ってないが)フツーのスーパー銭湯だった。

おかげで620円で風呂に入れた。




風呂でサッパリしたら、眠気も少しは覚める。

なるべく先に進んでおきたい。




長い長い新潟を超えておきたいと思ったが、遅い車がマエにいたりして、自分のペースで走れないと眠くなってくる。


富山に入る少し手前の道の駅に入り少し眠るコトに。


21日 2:00ぐらいだったかな?

500kmに少し届かなかった。








7:00

最初の目覚ましを無視して熟眠してしまった。

ホントは道が混みだすマエに進んでおきたかったが、ガッツリ通勤時間と被ってしまう。


とはいえ田舎なので大したコトはない。



明日行くのがメンドクサイので、能登を経由して仕事を一つ終わらせてしまう。

他にも2箇所ほど寄り道して仕事を済ませてしまう。

コレで明日はゆっくり休める。



16:00

帰宅。

行きも帰りも775kmぐらい。

休憩、強制休憩、仕事を含め55時間かかった。



ハスラーの燃費は約34.7km/L
オイルは580mlぐらい使ったので40:1ぐらいの混合比だね。




ハイエースはオレのじゃなくて、ガレージ仲間の ごじさんのモノ。

手間賃は貰ったけど、正直仕事を休みにしてハードな3日間を過ごした割には多くない。


ま、未知の国にも行けたし、ネタにもなったから吉としておこう。




これから、レースのときにはハイエース借りていこうかな?
  1. 2016/07/22(金) 00:18:58|
  2. ハスラー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:14

夏のツーリング 未知国 その1

この夏のツーリング計画として、未知の国に行くコトになった。





「行くコトにした。」ではなく「行くコトになった。」である。






19日 9:00 









ハスラー50で出発。

アタリマエだが高額道路などは使わない。

「使えない。」だが「使わない。」である。


基本的にR8を進むが、舗装路はタイクツだ。

幸い、走ってさえいれば暑くもなく、雨は降らなさそうなのでタイクツ以外に問題はなさそうだ。





チョイと忘れ物があったので



金沢のDCMカーマで買い物。

タイクツな舗装路にも慣れてきた。


買い物以外で休憩も要らないので、そのままメシも喰わずに先を急ぐ。



富山で1回目の給油。

約150kmで5L弱。

31~32km/Lぐらいと、そんなに悪い燃費ではない。


GSを出てすぐにリアに異変を感じ、次の瞬間、グリグリと横滑りする。

なんとかコケはしなかったが、すぐに止めて見てみると、





パンクしている。




何か刺さってないか探してみると、





こんなん出ました。

かなり深く刺さっていた。



困ったコトにパンク修理の準備もスペアチューブも持ってきていない。

こうなる可能性があるのを、重々理解しているはずなのに持ってこなかったのは完全にオレのミスだ。




幸い、目の前にはGSと車屋がある。

GSに聞いてみると、わかる人は出ているとのコト。

車屋に助けを求めるが、外国の方がオークションとかで売買してるタイプの店なので整備らしい整備はできなさそうなうえに、わかる人は出ているらしい。


しかし日本の方もいて、親切なコトにタイヤ屋を呼んでくれた。


チューブレスと違い、一気に空気が抜けるので、アレだけのモノが刺さってたら何箇所も穴開いてるんだろうな。。。と思ったら、案の定ザクザク開いていた。



高い出張料も取られたがソレは仕方ない。

準備してこなかったオレが悪いのだから。。。


車屋さんには大変良くしていただき、タイヤ屋呼んでくれただけじゃなく、お茶やコーヒーまでいただいた。

「富山は悪い人おらんがやちゃ。」とのコトだ。

うん、富山の人優しいよね。



1時間ほどロスしてしまったので先を急ぐ。



30kmほど進んだトコロで、何か最近経験した感触が。


またパンクだ。


もしかして穴が残っていたのかもしれないし、新たな穴が開いたのかもしれない。

既に30kmも進んでいるので、さっきのタイヤ屋を呼ぶのも時間がかかりそうなので、最寄りのバイク屋まで5kmほどパンクしたまま走る。

タイヤやチューブに良くないのはわかっているが、悠長に押して歩いてなんかいられない。



入善駅近くのバイク屋(自転車屋)に着くと、






「自転車とカブ以外みないから。」





と断られてしまう。

せめてカブ用のチューブを売ってくれないかと聞いても、販売だけもしていないと。


ヤンチャな小僧が来たときにそうやって断るならわかるんだが、目の前で困ってる人がいて、近所に他にバイク屋などないの知っていて、助けるコトができる技術や道具があって、しかも多少ボっても文句言われない状況なのに見捨てますか?

富山の人は薄情だ。。。





他にバイク屋がないか探してみる。

一応5kmほど離れたトコロにもあるが、同じコトがあると困るので電話して聞いてみる。

もうパンク修理というレベルではないのでチューブの交換が必要だ。

チューブの在庫がなかった。。。




エリアを広げて探してみると、10kmほど戻って黒部まで行けばマトモそうなバイク屋があるっぽい。

10km戻るってコトは、パンクしたトコロからなら5kmぐらい戻ればイイだけじゃん。。。



なんとかゆっくりゆっくり走ってバイク屋に辿り着く。




田舎のバイク屋なのに、すごくオシャレじゃないか!

さっきの「バイクもついでにやってます。」な自転車屋とは比べものにもならない。

最初っからこっちに来ておけばよかった。。。






タイヤの再利用を試みるが、完全にダメになっていたため、在りモノの廃タイヤをいただくコトにした。










廃タイヤと言っても程度の良い中古。

コレが無料はありがたい。

サイズは2.25とフロントより細くなってしまったが、未舗装路を走るワケではないので問題ないだろう。


さすがにちゃんとしたバイク屋なので、キチンとした仕事をしてくれた。

料金もさっきのタイヤ屋よりも安かった。

富山の人は親切だなぁ~









今考えたら、最初っから「みんなのお抱え整備士、フライングクロちゃん」を呼べばよかったんじゃないか?


そうすればすぐに駆け付けてくれたに違いない!


テンパってたから気付かなかったわ~





ココまで行って戻ってで約200km。

家からは180kmぐらい。


なんやかんやで再出発したのが18:00。


9時間かけて180kmしか進んでいない。


平均時速20km/h。











チョイノリで良かったんじゃね?




まだまだ旅は続く。。。
  1. 2016/07/21(木) 22:55:30|
  2. ハスラー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:19

チョイノリクロスでシャコタン?

ヒート2から異様に腹を擦るようになった、3号機チョイノリX。







マフラーが擦っていたのか?



こんなコトになっていた。



しかし、マフラーが擦るぐらいで亀の子状態にはなるワケがない。





明らかにガードに強い衝撃を受けている。



なぜガードが擦るほど低くなってしまったのだろう?


パンクでもしたかと思ったが、ソレはない。






2号機と比べてみると、






キャスターが寝てるよね?


フロントフォークが曲がってしまったようだ。。。









早速洗車し、









カウルを外してみる。


フロントフォークは曲がってないね。

曲がってるかもしれないけど、わからないぐらいだね。


でもキャスター寝てるよね。



裸のフレームと比べてみる。






なんか別モノに見えるw




曲がっているのはフロントフォークではなくフレームだ!








ココの長さを測ってみる。


通常は、




635mmぐらいのトコロ、











570mmぐらいになってる。



コレじゃダメだわ。


なんでこんなんなったんだろう?


フツーに走ってるだけなのに。





幸い裸のフレームがあるので、そのうち移植して新生チョイノリXを作るとしよう。
  1. 2016/07/19(火) 00:07:07|
  2. チョイノリ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:20

2016.07.17 JAPAN HEAT-X チョイノリクロスR1

ラウンド2があるかどうかも定かではありませんが、JAPAN HEAT-X(JHX) ミニモト2時間エンデューロの前座レース、チョイノリクロスR1に参戦した。









マシンは2号機チョイノリR X仕様と、3号機チョイノリXを用意。




レース前夜、去年の聖地巡礼コース、つまり一般道を使い豊川まで行く。


ホテルのマエでメキシカンオレンジさんが待ち伏せしていた。

17日は仕事というコトでJHXには来れないらしい。

残念。


それでもわざわざお土産まで持って来てくれてありがとうございます。

ぜひ福井にも遊びに来てくださいね。





17日、1時間ほそかけて聖地・浜松に到着。

8時ではまだ来ている人も少ない。

チョイノリを積んだ数台の車と、自走のチョイノリ。。。


自走!?



なんと、大阪から自走で ろーそんさんが来てくれた。

うん、どうかしてるねw




先にマシンを下ろして準備をしている ふくちゃん達と合流。

しばらくすると、埼玉から大ちゃん、大阪からは皆勤賞まつきち画伯も到着。

うん、どうかしてるねw



聖地巡礼でチョイノリクロス出場を約束した ぱぶちゃん一家も到着。


いつのまにやら はっちさんが来ていたり、かずぽん&山2号も家族サービス中に寄ってくれたり。

今まで1人アウェイで参加してたのに、ココにきていきなりの大所帯。


皆さんのおかげで、とても楽しい1日を過ごせました。



みなさんありがとうございました!




























ぃゃぃゃ、終われないって。







フル装備の あっこ、いよいよデビュー戦です。






ヒート1

スタートは台数が多いため、ゼッケン順で2列(3列)に並ぶ。

オレのゼッケン88が一番大きい数字なので後列になるが、どうせならと一人だけ3列目からスタート。


最後尾から全員抜いてやんよ!





さすがにスタートの混雑で、マエに出れない。

前列スタートには差をつけられてしまう。








ぱぶちゃんのムスメさんもデビュー戦。

とても楽しそうに走っていた。






マシンの性能は横並び。

なかなか追い抜くコトはできない。





それでもジワジワとマエに出ていく。

転倒・コースアウトで上位争いから離脱するマシンもいて、着実に順位を上げる。



けっこう上位までいけたつもりだったが、18台中8位。

(3位の あまのくんに負けてないはずなので、集計ミスだと思われる。)


ふくちゃんが2位だと!? 

すごいじゃん。



あっこのチョンマゲカメラの映像があるのでドーゾ。













昼は ふくちゃんに準備してもらい、みんなでBBQ。






あ~、ビールが欲しくなる!




長い休憩時間も楽しく過ごし、「さぁ、もう帰るか~」って気分になった頃にヒート2



今度はゼッケン大きいほうが前列。

スタートでマエに出てしまうチャンスだ。





いきなりスタートで後続を引き離す!

ように見えるが、このマエに何台もいるw



ヒート2は砂埃がすごく、全くマエが見えなくなったりもする。

少しでもマエに出て、クリアな視界を確保したいトコロだ。





しかし、ヒート2の最初からマシンに異変を感じる。

ヒート1より明らかに腹を擦るようになった。

最初はタイヤが細いため径も小さく、それで最低地上高が低いから多少仕方ないのかな?と思っていたが、あまりにもヒドいのでリアタイヤがパンクでもしたかと思ったほどだ。


途中まではソレでもムリヤリ攻めて少しは順位も上げたりしたが、ろくに走れたもんじゃないのでコケないように走るのでセーイッパイだ。


ファイナルラップで あっこのマエに出て、2台続いてフィニッシュ。

同じ周回数じゃナイけどね。

結果、18台中14位だそうだ。

なんとなく違う気もするが、どうせマシンがおかしくて上位に絡めなかったのでイイや。。。










ヒート2はムスメさんに変わって ぱぶちゃんが走る。

5位というコトだが、やっぱり集計ミスしてるよね?w

さすがに負けてないもん。













ヒート2も ふくちゃんは2位(1位だと思ってたが、実際どーなのよ?)


優勝は ふくちゃんが持っていった。











ガチ装備でデビュー戦の あっこは

















なんか速そう!?

少し浮いてない?


結果は17?-18のビリでした。

アタリマエだ!


ヒート1は2度ほどコケてたようだが、ヒート2はコケなかった。

上手に膝サスペンションを使えてるかどうかは別としても、ちゃんとギャップではケツを浮かせている。

慣れてきたら1つ2つぐらいは順位も上がるんじゃないかな?w









初めて出た人も楽しんでくれたようだし、次は出たいという人もいてくれたり、今まで地道に活動していた甲斐があった。



JHXの皆さま、B&Bの皆さま、チョイノリクラブジャパンの皆さま(?)、とても楽しい時間をありがとうございました。








帰りも聖地巡礼コースを使って帰る。

なんとか日が変わる直前に帰るコトができた。





18日、たっぷり洗濯しました。
  1. 2016/07/18(月) 23:41:22|
  2. レース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:20

夏のツーリングマシン



盛岡までは行きません。

我が家から約750km。


チョイノリだとツーリング平均時速で計算すると30時間かかる。

そんなに時間かけたくないなぁ。


なので、マシンはハスラーTS503にする。





ツーリング仕様にするため、




バッテリー直結でチョイノリRから外したUSBを付け、ナビを使えるようにした。

どうせ外すから、配線はやっつけだ。





行ったコトのないトコロまでのロングツーリングなので、







荷物を積むために、チョイノリRから外したRVボックスも載せる。


正直カッコ悪いが、どうせ未舗装路に入るコトもないからイイだろう。



オイルもガソリンも満タンにして、いつでも出発できる状態になった。



黄色ナンバーとはいえ中身は50のまま。

何時間かかるかなぁ?










とりあえずは明日、豊川まで行きます。


もちろんハスラーじゃなくてスクラムで。

ハスラー積まずにチョイノリ2台積んで。





ソレでは皆さま、豊川か浜松か花巻でお会いしましょう!






  1. 2016/07/16(土) 01:10:17|
  2. ハスラー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10
次のページ

プロフィール

88hakaidah

Author:88hakaidah
FC2ブログに引っ越してきました。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
日記 (253)
坂内2Daysエンデューロ (5)
レース (70)
チョイノリ (136)
ハスラー (31)
PV50P (12)
K90 (21)
ストリートマジックⅡ (21)
バーディー50 (8)
XR250R (38)
RMZ250 (5)
Djebel200 (14)
RM85L (3)
SEROW225 (33)
CRM50 (1)
RM125 (10)
オフロードのススメ (10)
車 (45)
2018坂内24h (5)
2017坂内24h (18)
2016坂内24h (21)
2014坂内24h (5)
2013坂内24h (7)
2012坂内24h (2)
2011坂内24h (7)
2010坂内24h (16)
2017剣山攻略戦 (7)
2016剣山攻略戦 (11)
2015剣山攻略戦 (5)
2014剣山攻略戦 (7)
鳥・生物 (43)
DIY (81)
林業 (9)
ライヴ (23)
整備 (30)
HIACE (21)
カレー (15)
酒 (8)
TOP (6)

ブロとも一覧


ムーミンの雑記帳&内緒のコメント用ブログ

埼玉の大ちゃん

フライングクロ

はちまるブログ

ちょい乗り紀行

KSK@ばすのブログ

セカンドライフを堪能

ヴェクスターだから楽しい!...のか?

ヴェクスター乗ったことあります

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR