FC2ブログ

#88 新米感覚

モトクロス・エンデューロのBlogに見えない?でしょうね。

にわにはにわにわにわかれてよんわにわとりがいます。

先日、広島で仕事があった帰り、兵庫県たつの市にあるただまき農園にお邪魔して、養鶏場を引退するニワトリを2羽安く譲ってもらった。


シワトリ


このときはたまたま4羽一緒にいるけど、マエからいる2羽と新しく来た2羽に分かれているコトが多いね。

でも夜になると自動的に同じ鶏舎に入っていき寝ている。


最初の2羽が来たときは冬だったので、なかなかタマゴ産まなかったけど、日が長くなってきたらコンスタントに産むようになってきた。
新しく来たほうも引退したてホヤホヤなので、まだまだヨユーで産む。
4羽ともタマゴ産む日もチョイチョイあるぐらいだ。
夫婦二人では喰いきれんよ。
ロッキー・バルボア誘致しないと。


「岡崎おうはん」のタマゴは、卵かけご飯に向いてるらしい。
産みたてのタマゴで美味しい卵かけご飯たべたい人は、ゴハン持って遊びに来るとイイよ。



ぃゃ、ゴハンぐらい出しますがな。
スポンサーサイト



  1. 2019/05/25(土) 01:16:41|
  2. 日記
  3. | コメント:6

シックハウス症候群?

新たに作った二つ目の部屋に本を運び込んでいると、目が痛くなってくる。
明らかに化学薬品的な何かを感じる。
症状から察するに、案の定のホルムアルデヒドっぽい。



部屋2 (11)

こんなふうに安い合板で棚を作って、塗装もなにもしてないからな〜
カットしたことで、今まで表面に出ていなかった部分の面積が増え、粉も出る。
そこに引き戸で密閉度が高くなり、こもってしまったのだと容易に想像がつく。


何か手立てはないかと調べてみると、半日ぐらい高温多湿にして、材からホルムアルデヒドを排出させ、一気に換気して室外に追い出すという方法があるらしい。


シックハウス

仮に置いてみた本を避難させ、ストーブに水を入れた寸胴を乗せ、サーキュレーターでまんべんなく高温多湿の空気を回す。
加熱中に部屋に入ると、毒ガスにヤられてしまうので注意だ。
翌朝、工場扇で強制換気する。

なんぼかマシになったが、まだ臭う。
同じ行程を3回ほど繰り返してやる。

臭いが完全になくなるコトはないが、閉め切った部屋にしばらくいても平気なぐらいにはなってきた。



アトは時間をかけて薄めていくぐらいしかできないが、気休め程度かもしれないが自家製竹炭を置いてみたり、



41wQkYErhtL.jpg

備長炭シートとかいうモノを買ってみて、棚に敷いたり挟んだり。


コレでダメなら棚板だけでも外して竹炭塗料でも塗るかな?
  1. 2019/05/21(火) 23:49:10|
  2. DIY
  3. | コメント:4

ヤマカガシの皮をなめしてみた。

ウチでは初認のヤマカガシ。


ヤマカガシ小 (1)

見付けた瞬間、ミニに踏まれて死んでしまった。


ヤマカガシ小 (2)

せっかくなので皮を剥いでみた。


ヤマカガシ小 (3)

裏の肉をキレイに取り除き、


ヤマカガシ小 (4)

表のウロコは


ヤマカガシ小 (5)

ナイフを使って取り除いていく。


ヤマカガシ小 (6)

ウロコを取ったが、魚のようにハッキリわかる感じではない。
薄い皮が細かく剥がれていく感じだ。



皮を革にするためには、「クロムなめし」と「タンニンなめし」があるらしいが、「クロムなめし」は素人には難しそうなので「タンニンなめし」にしてみよう。


ヤマカガシ小 (8)

タンニンと言えば紅茶。
紅茶を煮詰めた液に皮を漬けておく。




それから10日後、



ヤマカガシ小 (9)

内側に茶色く色が付いている。
肉が残っていたようだ。

今更だが染まった肉を取り除き、


ヤマカガシ小 (10)

板に張り付けて乾燥させる。

乾燥するときに縮むので、細かくピンで刺して広げておいたが、縮むチカラが強かったようで、ピンが何本か抜けるほどだった。



ヤマカガシ小 (11)

できた革は、紅茶のせいか、元々の色が赤味のない黒い個体だったからか、ただの黒い革になった。


ま、初めてだしこんなもんか。
  1. 2019/05/18(土) 21:15:19|
  2. 鳥・生物
  3. | コメント:2

ガレージにまた部屋を作った。③

二部屋目が完成するマエから、三部屋目にとりかかる。


部屋3 (1)

二部屋目の天井を低めにしたのは、二階に部屋を作るため。


部屋3 (2)

床、壁、天井の順で貼っていく。
二部屋目と同じ流れだ。

照明も同じように、棚板照明を使う。

部屋3 (4)

床には気休めかもしれないが竹炭塗料を塗る。
マスキングなどしない。

塗料がしっかり乾いたら、クッションフロアを敷く。
淵の仕上げなどテキトーだ。
巾木や棚で隠せばイイからね。


部屋3 (3)

下の部屋同様、引き戸を採用。
ただし、下の部屋とは逆に開く。


部屋3 (5)

こんな感じだ。

外壁は石膏ボードとOSB合板と構造用合板のMIX。
見た目より予算重視のため、端材を使ってるだけだが、こういうデザインだと言い張るコトにしよう。


部屋3 (6)

二階に上がるために階段を作る。
このために下と上で開く場所をズラしている。


部屋3 (7)

階段の下は追々棚にでもしようと思うが、ソレはまた先のハナシ。
今はまだ、二階に上がるのに脚立を使わなくていいというだけの機能で充分だ。


部屋3 (8)

階段があれば、二階に荷物を運び込むのもラクりんだ。
棚を設置しヘルメットを並べる。
新しいヘルメット欲しいなぁ。。。

この部屋には、バイク用品をはじめ、キャンプ用品、フィールドスコープ・カメラ用の乾燥庫などを置く。

見てもらえばわかるように、石膏ボードの短いほうの辺が4尺ある特注品、、、ではなく、天井が低い。
ちょうど1470mmぐらい。
中腰で歩かなくてはいけない。

ただし、この部屋にはマルコビッチの脳内に繋がる穴はない。




部屋作りは、まだまだ続く。。。
  1. 2019/05/17(金) 20:35:04|
  2. DIY
  3. | コメント:4

ガレージにまた部屋を作った。②

ガレージ内に一部屋作ったので、その隣のスペースに更に部屋を作るコトに。


部屋2 (1)
ちゃんと片付ければ、コレぐらいスッキリさせられるもんなんだね。
他が散らかったけど。。。


部屋2 (2)

ココの窓は、鉄骨の筋交いがあって利用しにくいので埋め殺し。
ダレかを殺して埋めるワケではありません。

天井が垂れてきてるので、この部屋で持ち上げ、支えます。


部屋2 (3)

床下には気休めかもしれないけど、調湿のために自家製竹炭を敷く。
量が少し足りてないので、ゼオライトも買い足してハイブリットにしてみた。


部屋2 (4)

床と内壁は合板を使う。
貼り終えたら、


部屋2 (5)

コレも気休めかもしれないが、高級・竹炭塗料を塗る。


部屋2 (6)

天井には贅沢にも天井用の石膏ボードを使用。
照明は店舗什器の棚下照明がいくらでもあるので使ってみた。
棚下を照らすだけなんてモッタイナイぐらいに明るいじゃないか!


部屋2 (7)

合板を細く切り分ける。
同じサイズのモノをたくさん切り分けるとき、パネルソーが欲しくなるよね?
置く場所ぐらいあるけど、お高くて買えやしないので、丸ノコでオガクズまみれになりながら切っていく。


部屋2 (8)

切り分けた合板は棚になる。


部屋2 (11)

ダボを棚受けにして棚板をハメていくと、ちゃんと棚っぽくなってくる。


部屋2 (12)

雑誌サイズの棚。
束になると案外重いのと棚板がヤワな合板なので、棚板がたわむが問題ないだろう。


部屋2 (15)

コミック棚は棚板にホコリが溜まりにくいように、面位置になるようにした。
こんな感じで4面とひと島の棚を作る。

部屋2 (13)

入口は引き戸を採用。
ドアよりスペースを有効に使えるから。

部屋2 (14)

それでは、どうぞごゆっくりお楽しみください。
  1. 2019/05/10(金) 08:44:23|
  2. DIY
  3. | コメント:2

念願の軽トラ

88家に林業には必須な軽トラがきた。

「きた」と言っても、初回500円で釣って3年定期購入契約させるサプリメントみたいに勝手に届いたりはしない。
ちゃんと自分で持って、、、ぃゃ、乗ってきた。
先に名義変更して、ナンバーを持って愛知県までツーリング。

キャリー (2)

自賠責が残っているのがチョイノリとEPOしかなかったので、燃費は悪いが坂でもあまり失速しないEPOをチョイス。

弾丸片道ツーリング、4時間走って、


キャリー (3)

帰りは積み込んで、4時間弾丸ドライブ。

行きも帰りもかかった時間は同じぐらい。
不思議~



帰ったら、ひとまず整備。

キャリー (5)

ナビの配線がおかしいみたいなので手直し。
ついでにUSBやインバーター用の配線も追加。


キャリー (6)

エンジンオイルとフィルターも当然交換。
エブリィ、アルトと同じK6Aなので、フィルターも在庫は潤沢にある。


キャリー (7)

エアコンフィルターも取り付ける。
なんと!エアコン付いてるんですよ。


キャリー (8)

帰りのドライブで、一定回転数でモタつくのが気になったので、プラグを交換。
贅沢にも今までどの車にも使ったコトのない、イリジウムプラグを採用。


キャリー (9)

ノーマル新品に換えただけでも調子回復しそうな電極の減り方をしている。
新品プラグはピカピカだ。アタリマエだ。


キャリー (10)

イグニッションも劣化するというハナシなので、確実に年式の新しいR06A用の中古イグニッションを調達。(右)
案外安かったのでコレが良ければエブリィにも付けてやろう。
もちろんイリジウムプラグとセットで。


キャリー (12)

エアクリーナーも高くはないので換えておく。


キャリー (11)

スクラムに使っていたアルミホイールとバリ山タイヤに交換。

ディスクパッドも減っていたが、もう少しは大丈夫そうなので、部品だけ用意しておく。



ロングホイールベースのキャリィ4WD。
14万km走っているが、K6Aは27万kmでも平気なのはエブリィで実証済。


バイク運んだり、丸太運んだり、ゴミ運んだり、ガンガン活躍してもらうとしよう。


コレで奈良まで行ってみたが、案外快適。
エブリィの出番減っちゃうかも?
  1. 2019/05/09(木) 01:40:37|
  2. 林業
  3. | コメント:6

2019.5.5 超ごきげんモトクロス15 ウッズ下市

今年のGWは、自宅でヤること盛りだくさんなので、恒例の剣山作戦は見送った。
しかし、全くバイクに乗らないのではストレスが溜まってしまう。
というコトで、ランバージャックスからも何人か参加する、奈良にあるウッズ下市で行われている「超ごきげんモトクロス」に行くコトにした。

超ごきモト15 (3)

4日、スーパーカーに積み込み奈良まで6時間のドライブ。
案外混んでなくスムーズに行けた。

下市に着いたら、

超ごきモト15 (4)

下市温泉 ごんたの湯でハタヒラ家と合流。

6時間ドライブの疲れを、、、

疲れとらんわ!


サッパリしたらハタヒラさんの別荘(?)で宴が始まる。
ハタヒラさんは、いつものとおり飲み過ぎて早めに潰れるが、明日のごきモトには出ないので安心だ。


5日

超ごきモト15 (5)


久しぶりのモトクロスコース。
マシンも未だ乗り慣れないRMZ250。
午前のフリー走行つ1本目では、なかなか調子がつかめず体力ばかり消耗する。
2本目で少し感覚を取り戻してきて、亮ちゃんや沼ちゃんが跳べないジャンプも跳べるようになる。
3本目の1周目、そのジャンプの手前で沼ちゃんを抜き
「ココはこう跳ぶんや!見とけ!」
とばかりに跳んだら、着地で失敗。
大ゴケし肩を傷め、ハンドルも曲がってしまう。
乗ってると脳内麻薬のおかげか割と平気なので、ハンドル曲がったままフリー走行を走り切る。

ごきモトは、フリー走行のベストラップで午後のレースのクラスが決まる。
同じレベルでのクラス分けがちゃんとできている。
ただし沼ちゃんのように、三味線を弾いていなければ。。。

1分51秒台で走ったオレはBクラスの2番手タイム。
亮ちゃんも1分54秒台でBクラス。
2分7秒台の沼ちゃんはCクラス。
ハンドルは完全には直らなかったが、気にならない程度には戻せた。

59301412_10217786066500055_3382889067518623744_n.jpg

肩は「つつじ整骨院」でテーピングしてもらい、負担軽減。

午後のレース。
オレと亮ちゃんの走るBクラスのマエに、既にランバージャクスの仲間はみんな表彰台を決めている。
なんとしても表彰台に上りたいところだ。
ごきモトでは珍しく、スタートバーを使ってクラッチスタート。
バーが下がるのを見てクラッチを離しスタート!
と思ったら、スタートバーがタイヤに引っかかり落ちてない。
単独最後尾スタートになってしまう。

スタートがうまくいかないのは多度でモトクロスしていた頃からのコト。
むしろ昔の感覚を取り戻したと言っていいんじゃないかな?w

最後尾からのスタートなのでライバルは全員マエにいる。(スタートでまくれてコケた子を除く)
1周目の団子状態を上手く利用し、一気に半分ぐらいを抜く。

超ごきモト15 (2)


その後も1台、また1台と抜いていくが、さっきコケたジャンプは跳びきらない。

超ごきモト15 (1)

何周目かで思い切って跳んでみると、知ってはいたが跳ばないよりも楽だし楽しいし速い。
何台も抜き、だんだん調子を取り戻してくる。
今が何位なのかわからないが、亮ちゃんとその後を追う1台に追いつく。
その1台をパスし、亮ちゃんをつつくもラスト1周しか残されていない。
結局、亮ちゃんから遅れること2秒弱。
最終ラップにクラス全体のベストラップを出すも届かなかった。

超ごきモト15 (6)


結果、亮ちゃんは3位。


ランバージャックスの戦績は
キッズクラス3位(ハル)
トレールクラス2位(ノブ)
Cクラス1位(沼)
Bクラス3位(亮)
Bクラス4位(オレ)
という結果。

オレ以外みんな表彰台に乗ることになった。


スタートのせいで表彰台には届かなかったが、たぶん全クラスで一番たくさん抜いたのがオレなんじゃないかと思う。
単独トップを走るより、前を走るバイクを追いかけ、抜いて、また次のバイクを追いかけるほうがレースは楽しい。

勝てなくても、痛くても、超ごきげんなモトクロスでした。

みなさん、お楽しみでした!
  1. 2019/05/07(火) 15:35:34|
  2. レース
  3. | コメント:4

プロフィール

88hakaidah

Author:88hakaidah
FC2ブログに引っ越してきました。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
日記 (253)
坂内2Daysエンデューロ (5)
レース (70)
チョイノリ (136)
ハスラー (31)
PV50P (12)
K90 (21)
ストリートマジックⅡ (21)
バーディー50 (8)
XR250R (38)
RMZ250 (5)
Djebel200 (14)
RM85L (3)
SEROW225 (33)
CRM50 (1)
RM125 (10)
オフロードのススメ (10)
車 (45)
2018坂内24h (5)
2017坂内24h (18)
2016坂内24h (21)
2014坂内24h (5)
2013坂内24h (7)
2012坂内24h (2)
2011坂内24h (7)
2010坂内24h (16)
2017剣山攻略戦 (7)
2016剣山攻略戦 (11)
2015剣山攻略戦 (5)
2014剣山攻略戦 (7)
鳥・生物 (43)
DIY (81)
林業 (9)
ライヴ (23)
整備 (30)
HIACE (21)
カレー (15)
酒 (8)
TOP (6)

ブロとも一覧


ムーミンの雑記帳&内緒のコメント用ブログ

埼玉の大ちゃん

フライングクロ

はちまるブログ

ちょい乗り紀行

KSK@ばすのブログ

セカンドライフを堪能

ヴェクスターだから楽しい!...のか?

ヴェクスター乗ったことあります

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR