FC2ブログ

#88 新米感覚

モトクロス・エンデューロのBlogに見えない?でしょうね。

オフロードのススメ ~タイヤ編~

これからオフロードを始めようという人の、「何が要るの?」にオレなりに答えていくこのコーナー(?)。

モトクロス、エンデューロはもちろん、チョイノリやロードパルで林道に行こうというアレな人にも参考にしてもらいたいと思います。



第8回はタイヤ編です。








オフロードバイク用のタイヤにもイロイロあります。

コレまで書いてきたように、オフロードといってもモトクロスやエンデューロといったレース、公道も走るトレール、他にもトライアルやラリーなんかもオフロードの類でしょう。


それぞれに適したバイクがあるように、それぞれに適したタイヤがあります。





タイヤのメーカーは、ダンロップ、ブリヂストン、IRC(井上ゴム)、ミシュラン、ピレリ、MAXXIS、KENDA、ゴールデンタイヤ、METZELER、Vee Rubber、MITAS、SHINKOなど、みなさんよくご存じのメーカーから、オレもよく聞いたコトがないメーカーまであります。

オレの好みはダンロップとIRC、たまにミシュランですが、正直メーカーで性能に大きな違いがあったとしても、オレ程度のレベルではわかりません。



しかしタイヤのタイプは、ある程度状況に適したモノでないと走りにも影響が出てきます。

ソレはどんなレベルの人でも同じように影響がでます。



どんな使い方にどんなタイヤが良いのか?





まずはモトクロス。





モトクロスタイヤという競技用のタイヤがあります。

モトクロッサーに適合するサイズが用意されています。

最近のモトクロッサーには使われていないリア18インチも用意されていたりします。





モトクロスタイヤにもザックリ分けて3種類あります。

ソフトタイヤ、ミディアムタイヤ、ハードタイヤがあり、ドロドロやフカフカな場合はソフト、石だらけのガレ場や硬い土の路面にはハードタイヤ、ある程度幅広くカバーするのがミディアムタイヤです。

チョイスを間違えるとブロックが欠けたり、減りが早かったり、グリップしなかったりします。

オレの場合、モトクロスコースは屋根のあるモトクロスランド多度しか走らないのでミディアムかハードが適してるのに、リアは買ったときに履いてたソフトのままだったりする。

ま、オレ程度だと硬めの路面でもブロック欠けるほどの走りできないので、何履いても大差ありませんけどね。





モトクロッサーには






子供の乗る50ccの小さなマシンもあるので、スクーターに履ける10インチも存在します。




K90やスーパーカブなどにピッタリな17インチもフロント用だけ存在します。

なのでK90は前後共にフロント用を履いています。









次にエンデューロ。

エンデューロにはモトクロスタイヤを使ってももちろんOKですが、エンデューロタイヤというモノもあります。






エンデューロのコースにはモトクロスにはナイような岩や木や砂利や砂や土や水といったセクションがあったりします。

そのためモトクロスタイヤよりオールマイティーです。

そして長時間パフォーマンスを発揮しなければいけないので丈夫いです。





VE-33・35はモトクロスタイヤ同様、競技用のため公道不可ですが、








パターン的にはモトクロスタイヤと大差ないが、公道走行OKなエンデューロタイヤというモノも存在する。

公道を移動区間として使用するレースにも使えるタイヤという感じだが、林道用に使う人も多いだろう。


ゴム質的にアスファルト路面でも多少はグリップするのだろうが、このパターンではあまり「公道OK」というのは信用しないほうがイイでしょう。



エンデューロタイヤはサイズの選択肢が少なく、エンデューロレーサーやトレールバイク用のフロント21インチ、リア18インチぐらいしかないコトが多い。




最近のトレンドではエンデューロに、





トライアルタイヤをチョイスする人が増えています。

土などの上を速く走るのには向いていませんが、岩や木などの障害物に対して強いグリップを発揮します。

走りやすいトコロでどれだけ速く走っても、難所をクリアできなければ結果的に遅くなるというコトで考えればアリなのでしょうね。




最近では、このトライアルタイヤの喰い付くゴム質で、先ほどのエンデューロタイヤのパターンというのもあったりします。



GEKKOTA


難所系のエンデューロに良いそうです。


使ったコトもナイし、難所系のエンデューロにも出ていないのでその実力はわかりませんが、きっととても良いのでしょうね。










トレールバイク用のタイヤというと、






こんなのもありますが、コレは舗装路用なので未舗装路を走りたいなら選ぶべきではありません。




標準で履いているタイヤは、




コレぐらいのタイヤを履いているバイクが昔はイッパイありましたが、オレはこの程度をオフロードタイヤとは認めない!


最近では標準でも、




この程度のモノを履いているのかな?

少しはマシなようですが、新しくタイヤを買うならコレは選びません。







チョイノリでもお馴染みの(?)




こんなパターンのタイヤもありますが、ホントならこんなのでオフロードは走りたくありません。

チョイノリに合うサイズの公道可なオフロードタイヤがコレしかなく、チョイノリ程度のスピードであればこの程度のオフロード走行性能でも大丈夫というだけです。

フルサイズモデル用というコトであれば、コレは舗装路用のタイヤです。







オレがチョイスするのは、




おフランスのメーカー、ミシュランのT63。

コレや






ピレリのMT21が林道をガンガン走る人には昔からの定番です。

どちらも硬くて交換が大変というのがタマにキズです。





使い古しの競技用タイヤを履く人もいますが、公道不可ですのでオススメしません。

昔は履いてましたけどオススメしません!











オフロードバイクは多くがチューブタイヤを使っています。

モトクロスやエンデューロといったレースでは、グリップを良くするために空気圧を低めにします。

そうすると、石などにハードヒットしたり、ジャンプの着地などでチューブが破れてしまうコトがあります。

「リム打ち」というヤツです。

なるべくリム打ちでパンクするのを予防するために、





ヘビーチューブを用います。

ノーマルチューブとは厚みが全然違います。


公道でパンクするときは釘などを踏んだときなのでヘビーチューブでも防げませんが、林道を走るならやはりヘビーチューブを入れておいたほうが無難でしょう。

メーカーにもよりますが、モトクロスタイヤに合うサイズが存在するので、オフロードバイク以外でオフロードを走ろうというアレな人も、適合するサイズがナイか探してみるとイイと思うよ。






オフロードではグリップを良くするために空気圧は低めにする。

そのため急加速やブレーキングでタイヤが空転しズレるコトがよくある。

パンクしたら尚更だ。

当然チューブも一緒にズレるので、リムに刺さっているバルブのトコロで裂けてしまう恐れがある。

そういうときにタイヤがズレないように、





ビードストッパーというモノを入れる。


オフロードバイクのリムにはバルブ穴以外にもう1個穴が開いていたりする。


ソコに、




こんな風に入れ、ナットを締めるコトにより、ビードストッパーから生えているボルトが青矢印のほうに引っ張られ、赤のビードストッパがタイヤのビードをリムに押し付けるという仕組みだ。

コレでタイヤは空転しにくくなる。

場合によっちゃリムに新たに穴を開けて、ビードストッパー2個付けする人もいらいするが、まぁ1個で充分だろう。




ビードストッパーを付けていてもズレるときはズレる。

そのときにバルブをナットで固定していると裂けてしまうやもしれません。


逃がすためにナットは締めずにおきましょう。



しかし、そのままではバルブの穴から泥や水が入ってよろしくありません。




ソコで取り付けるのが、





バルブマッドガードというモノです。






こんな風に使います。

バルブの逃げを確保しつつ泥や水の侵入も防ぎます。

いろんな色があるのでワンポイントのオシャレにもなります。











チューブ以外に、





ムースというモノもある。

中身が詰まっているのでパンクの心配がナイ。

しかし累積使用時間3時間ととても短くなっているため、何が何でもパンクしたくないレースで使うモノです。

もちろん値段もお高いので使うコトはまずありません。







普通は使わないというと、他にも、









パドルタイヤという、砂地に特化したタイヤもありますが、舗装路どころか土の上でもろくに走れそうにナイので、砂漠で遊ぶ人以外には無用でしょう。



たまに、








耕運機用タイヤを履いてるナニな人もいますが、まあ遊びとしてはアリでしょう。

コレで公道や林道は走っちゃダメですからね。










目的、バイクに合ったタイヤを選んでオフロード走行を楽しんでくださいね。
スポンサーサイト



  1. 2016/04/04(月) 00:51:03|
  2. オフロードのススメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<次期林道用機体候補 | ホーム | 愛情が湧かなくて。。。>>

コメント

No title

あぁ、なるほど、ビードストッパーだったのか!←先日の多度でのRM-Z250を拝見して・・
てっきり空気入れ箇所が2つ??と思ったりしてました( ゚∀゚)・∵. グハッ!!
  1. 2016/04/05(火) 02:35:00 |
  2. URL |
  3. まつきち #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

>まつきち
実はダブルチューブなんですよw
  1. 2016/04/05(火) 23:36:00 |
  2. URL |
  3. 88 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://hakaidah88.blog.fc2.com/tb.php/612-ab55f2f8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

88hakaidah

Author:88hakaidah
FC2ブログに引っ越してきました。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
日記 (253)
坂内2Daysエンデューロ (5)
レース (70)
チョイノリ (136)
ハスラー (31)
PV50P (12)
K90 (21)
ストリートマジックⅡ (21)
バーディー50 (8)
XR250R (38)
RMZ250 (5)
Djebel200 (14)
RM85L (3)
SEROW225 (33)
CRM50 (1)
RM125 (10)
オフロードのススメ (10)
車 (45)
2018坂内24h (5)
2017坂内24h (18)
2016坂内24h (21)
2014坂内24h (5)
2013坂内24h (7)
2012坂内24h (2)
2011坂内24h (7)
2010坂内24h (16)
2017剣山攻略戦 (7)
2016剣山攻略戦 (11)
2015剣山攻略戦 (5)
2014剣山攻略戦 (7)
鳥・生物 (43)
DIY (81)
林業 (9)
ライヴ (23)
整備 (30)
HIACE (21)
カレー (15)
酒 (8)
TOP (6)

ブロとも一覧


ムーミンの雑記帳&内緒のコメント用ブログ

埼玉の大ちゃん

フライングクロ

はちまるブログ

ちょい乗り紀行

KSK@ばすのブログ

セカンドライフを堪能

ヴェクスターだから楽しい!...のか?

ヴェクスター乗ったことあります

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR