FC2ブログ

#88 新米感覚

モトクロス・エンデューロのBlogに見えない?でしょうね。

オフロードのススメ ~怪我の予防編~

これからオフロードを始めようという人の、「何が要るの?」にオレなりに答えていくこのコーナー(?)。

モトクロス、エンデューロはもちろん、チョイノリやロードパルで林道に行こうというアレな人にも参考にしてもらいたいと思います。



第10回は怪我の予防編です。




バイクなんて不安定な乗り物はコケるのはアタリマエです。

ましてや未舗装路を走るオフロードならなおさらです。

オフロードやっててコケたコトがない人なんていないと断言できます。



練習して上手になったり、自分の力量をわきまえ無理しないコトで、コケるコトは減らすコトはできるでしょう。

それでもやっぱりコケてしまうものなんですよ。




だから危ないから乗っちゃダメ! ってママが言うから乗らない、、、なんてお坊ちゃんはココにはいないはず。


でもいい大人が楽しくバイクライフをエンジョイするためには怪我は避けたいトコロ。


そのために一番大事なのは、ヘルメット編プロテクター編で書いたとおり、












画像はイメージデス



ちゃんとしたヘルメット・プロテクターを装備するコトです。




それでも怪我するコトはあります。

オレも今、リストげブロークンです。


プロテクターの類は、プロテクトしてる箇所の打撃には強いけど、関節などまではカバーできないもの。



なのでそんな場合のために、プロテクター編でも紹介したが








ニーブレースはバカ高いが多くの人が着用している。

お高いだけに、ヒザ関節がイヤな方向に曲がるのをある程度防いでくれる。



首もイヤな範囲に振られないように、



ネックブレースを着けてる人も多くなった。




足首は固いブーツで守られてはいるものの、バイクの下敷きになりやすい箇所だ。

ブーツだけでは不安なら、


アンクルブレースを併用するのもオススメだ。



オレのようにリストげブロークンにならないように、




リストスタビライザーなんてのもある。


モチロン、肩やヒジ用なんかもあったりするが、アレもコレも着けていたら邪魔でしょうがない気もする。


なのでポイント押さえて良いモノを身に着けると良いだろう。





これらの装備は高いので無理!というオレの場合、







テーピングを使っています。

コレは傷めてしまったのにレースに出るから撒いているが、予防のために傷めてない箇所もテーピングしはほうがイイだろう。

テーピングの巻き方は「テーピングの巻き方」で検索してみるとイイよ。


こういうのって、他のスポーツでもそうだけど、アマチュアの人って疎かにしがちなコトな気がする。

痛い思いをする前にしっかり予防しとこうね。  はぁ~い。。。






しっかり金かけて良い装備を整えたからといって、怪我をしないというもんでもない。

一番イイのはコケないコトだが、ダレもコケようと思ってコケてるわけじゃないよねぇ。


上手なコケ方というのがないワケではなかもしれないが、フツー思いがけないタイミングでコケるもの。

よく、







柔道の受け身のように地面をたたくとイイみたいなコトを言う人がいたりいなかったりするが、そんなコトできる人などいないし、できたとしても効果があるかと言えばNOだ。

下手になんとかしようとすると逆に怪我しやすくなる。

地面に手を突こうとすると腕や鎖骨を折ってしまう可能性が増すだろう。



じゃあ、どうしたらイイか?


正直、防御はプロテクターに任せるしかないので、腕や脚や首をもっていかれないように丸くなるコト。

もしくは脱力するコト。

カラダが柔らかいと(前屈・開脚云々ではなく)怪我しにくくなるのは、なんとなく聞いたコトがあると思います。

オレもなんとなく聞きましたw




コケてもハンドルは離すなと言う人がいたりいなかったりするが、危ないと思ったらバイクをリリースしてしまってもかまわない。

まずは自分のカラダを危険から遠ざけよう。




臨機応変に対処できればイイが、そんなに上手くできる人なんていないだろう。

それでも、少しでもできるようになろうと思ったら、たくさん練習して、たくさんコケるコトだ。


スピードレンジの低い初心者こそ、コケるコトを怖がらず練習してもらいたい。


だいじょうぶ!

そんなスピードじゃ怪我もできないから!






コレを読んでコケて怪我したからといって、責任は負いかねますのでアシカラズ。
スポンサーサイト



  1. 2017/08/21(月) 22:41:40|
  2. オフロードのススメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7
<<坂内演習後・前整備 ストリートマジックⅡ 2号機編 | ホーム | 坂内24時間エンデューロへの道 2017 Vol.7>>

コメント

No title

柔道の後ろ受身で手で畳を叩くのは、一気に背中を打たないため(息が出来なくなり焦ります(^^;;)かと思いますが、エンデューロのコース上には畳は無い(当たり前だ)ので、手や足を突っ張らずに丸く転がるのが吉です。
実は高校時代は柔道部(と図書同好会)でした、クソ弱かったが・・(*´Д`)ハァハァ
  1. 2017/08/22(火) 07:08:00 |
  2. URL |
  3. まつきち #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

ケガは本人が痛い思いをする以外にも、周りに迷惑をかけてしまう。
やはり88さんのアドバイス通り、ダメージの比較的少ない状況で、
なぜ転んだのか?
どうして上手く走れたのか?
体験しながら考えて上達していくことが大切。
練習走行で少しずつでも慣れてくればいいね。
本番のレースでは練習時の80%ぐらの力で持続して走るぐらいがいいと思う。
  1. 2017/08/22(火) 09:02:00 |
  2. URL |
  3. ダカール #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

はい!来年の5月までにはさらに装備を充実させます!
  1. 2017/08/22(火) 09:40:00 |
  2. URL |
  3. koro #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

>korotin
来年と言わず今年の10月、ぃゃ、なんなら9月2日までに揃えて来るとイイと思うよ。
  1. 2017/08/22(火) 19:43:00 |
  2. URL |
  3. 88 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

だから乗っちゃーダメと、1番危ないママに言われてます
  1. 2017/08/22(火) 23:36:00 |
  2. URL |
  3. ・・・ #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

>親方
あ、そうそう。
その危ないママに「レース出ませんか?」って言っておいてくださいw
  1. 2017/08/23(水) 00:11:00 |
  2. URL |
  3. 88 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

体力ないときに乗るとだいたいダメなコケかたしますね、
コケル体力 残しとかなきゃいけません
  1. 2017/08/24(木) 11:46:00 |
  2. URL |
  3. 鉢丸隊長 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://hakaidah88.blog.fc2.com/tb.php/870-3c3014ad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

88hakaidah

Author:88hakaidah
FC2ブログに引っ越してきました。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
日記 (253)
坂内2Daysエンデューロ (5)
レース (70)
チョイノリ (136)
ハスラー (31)
PV50P (12)
K90 (21)
ストリートマジックⅡ (21)
バーディー50 (8)
XR250R (38)
RMZ250 (5)
Djebel200 (14)
RM85L (3)
SEROW225 (33)
CRM50 (1)
RM125 (10)
オフロードのススメ (10)
車 (45)
2018坂内24h (5)
2017坂内24h (18)
2016坂内24h (21)
2014坂内24h (5)
2013坂内24h (7)
2012坂内24h (2)
2011坂内24h (7)
2010坂内24h (16)
2017剣山攻略戦 (7)
2016剣山攻略戦 (11)
2015剣山攻略戦 (5)
2014剣山攻略戦 (7)
鳥・生物 (43)
DIY (81)
林業 (9)
ライヴ (23)
整備 (30)
HIACE (21)
カレー (15)
酒 (8)
TOP (6)

ブロとも一覧


ムーミンの雑記帳&内緒のコメント用ブログ

埼玉の大ちゃん

フライングクロ

はちまるブログ

ちょい乗り紀行

KSK@ばすのブログ

セカンドライフを堪能

ヴェクスターだから楽しい!...のか?

ヴェクスター乗ったことあります

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR